最新プラットフォームのサポート

必要に応じて、DbgHelp ライブラリが拡大され、32 ビットと 64 ビットの両方のアプリケーションがサポートWindows。 元の関数と構造体の定義はまだ DbgHelp.h に存在しますが、64 ビットの定義と互換性のあるこれらの定義の更新されたバージョンWindows。 コードで更新された関数を使用する場合は、32 ビットと 64 ビットの両方の関数に対してコンパイルWindows。 元の関数は更新された関数を呼び出して作業を実行するだけで、コードの方が効率的になります。

たとえば、DbgHelp.h には 、SymUnloadModule (元の関数) と SymUnloadModule64 (更新された関数) の定義が含まれているとします。 これらの定義はほぼ同じですが 、BaseOfDll パラメーターには異なる型を使用 します。 (SymUnloadModule は DWORD 型を使用し 、SymUnloadModule64DWORD64 型を使用 します)。SymUnloadModule64 を使用するコードを記述する場合は、32 ビットと 64 ビットの両方のバージョンでコンパイルWindows。 このコードは 、SymUnloadModule を呼び出す場合よりも効率的です。

更新された関数の一覧を次に示します。

EnumerateLoadedModules64
StackWalk64
SymEnumerateModules64
SymEnumerateSymbols64
SymFunctionTableAccess64
SymGetLineFromAddr64
SymGetLineFromName64
SymGetLineNext64
SymGetLinePrev64
SymGetModuleBase64
SymGetModuleInfo64
SymGetSymFromAddr64
SymGetSymFromName64
SymGetSymNext64
SymGetSymPrev64
SymLoadModule64
SymRegisterCallback64
SymRegisterFunctionEntryCallback64
SymUnDName64
SymUnloadModule64

更新された構造体の一覧を次に示します。

ADDRESS64
IMAGEHLP _ 遅延シンボル _ _ LOAD64
IMAGEHLP _ DUPLICATE _ SYMBOL64
IMAGEHLP _ LINE64
IMAGEHLP _ MODULE64
IMAGEHLP _ SYMBOL64
KDHELP64
STACKFRAME64