不透明度メタデータ効果

この効果を使用すると、入力画像の領域を不透明としてマークできます。これにより、グラフに対する内部レンダリングの最適化が可能になります。

注意

この効果では、イメージ自体が不透明に変更されるのではありません。 イメージに関連付けられているデータが変更され、レンダラーは指定された領域が不透明と見なされます。

この効果の CLSID は CLSID _ D2D1OpacityMetadata です。

効果のプロパティ

表示名とインデックス列挙型 型と既定値 説明
OutputRect
D2D1 _ OPACITYMETADATA _ PROP 入力 _ _ の不透明 _ な RECT
D2D1 _ VECTOR _ 4F
(-FLT _MAX、-FLT _ MAX、FLT _ MAX、FLT _ MAX)
非透過的なソース イメージの部分。 既定値は入力イメージ全体です。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント Windows 8ストア アプリ用の Windows 7 デスクトップ アプリWindows [ | プラットフォーム更新]
サポートされている最小のサーバー Windows 8ストア アプリ用の Windows 7 デスクトップ アプリWindows [ | プラットフォーム更新]
ヘッダー d2d1effects.h
ライブラリ d2d1.lib、dxguid.lib

ID2D1Effect