D3DXMatrixMultiplyTranspose 関数 (D3DX10Math)

2つの行列の転置積を計算します。

構文

D3DXMATRIX* D3DXMatrixMultiplyTranspose(
  _Inout_       D3DXMATRIX *pOut,
  _In_    const D3DXMATRIX *pM1,
  _In_    const D3DXMATRIX *pM2
);

パラメーター

Pout [in、out]

型: D3DXMATRIX*

演算の結果である D3DXMATRIX 構造体へのポインター。

pM1 [から]

型: Const D3DXMATRIX *

ソースの D3DXMATRIX 構造体 (左側) へのポインター。

pM2 [から]

型: Const D3DXMATRIX *

ソースの D3DXMATRIX 構造体 (右側) へのポインター。

戻り値

型: D3DXMATRIX*

2つの行列の積である D3DXMATRIX 構造体へのポインター。

解説

その結果、2つの変換行列 (Out = T (M1 M2)) の積が転置され * ます。

この関数の戻り値は、pOut パラメーターで返される値と同じです。 このようにして、D3DXMatrixMultiplyTranspose 関数を別の関数のパラメーターとして使用できます。

この関数は、頂点シェーダーおよびピクセルシェーダーの定数として行列を設定する場合に便利です。

必要条件

要件
ヘッダー
D3DX10Math
ライブラリ
D3DX10

関連項目

数値演算関数