エフェクトを作成する (Direct3D 10)

効果は、効果フレームワークに読み込むことで作成されます。 効果がコンパイルされていない場合は、作成時にコンパイルされます。 メモリに既に読み込まれている効果は、 D3DX10CreateEffectFromMemory を呼び出すことによって作成できます。 次のコード例では、 D3DX10CreateEffectFromFile を使用してファイルから効果を作成します。

ID3D10Effect* g_pEffect10 = NULL; 

// Read the effect file 
D3DX10CreateEffectFromFile( "BasicHLSL10.fx", NULL, NULL,
  D3D10_SHADER_ENABLE_STRICTNESS, 0, pd3dDevice, NULL, NULL, 
  &g_pEffect10, NULL );

効果を読み取る場合は、エフェクトのコンパイルと同じパラメーターと、デバイスとプールが必要です。

効果のレンダリング (Direct3D 10)