D3DX 列挙 (Direct3D 11 グラフィックス)

このセクションには、D3DX 11 列挙型に関する情報が含まれています。

Note

D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

このセクションの内容

トピック 説明
D3DX11_CHANNEL_FLAG
[!注]
D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

これらのフラグは、テクスチャ内の 1 つ以上のチャネルで動作する関数で使用されます。
D3DX11_ERR
[!注]
D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

エラーは負の値で表され、結合することはできません。 D3DX ユーティリティ ライブラリに含まれるメソッドから返すことができる値の一覧を次に示します。 それぞれが返すことができる値の一覧については、個々のメソッドの説明を参照してください。 これらのリストは必ずしも包括的ではありません。
D3DX11_FILTER_FLAG
[!注]
D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

テクスチャ フィルタリング フラグ。
D3DX11_IMAGE_FILE_FORMAT
[!注]
D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

D3DX11Createxxx 関数と D3DX11Savexxx 関数でサポートされるイメージ ファイル形式。
D3DX11_NORMALMAP_FLAG
[!注]
D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

標準マップ オプション。 ビットごとの OR 演算を使用して、これらのフラグの任意の数を組み合わせることができます。
D3DX11_SAVE_TEXTURE_FLAG
[!注]
D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティ ライブラリは、Windows 8では非推奨となり、Windows Microsoft Store アプリではサポートされていません。

テクスチャの保存オプション。

D3DX 11 リファレンス