D3DX11CreateAsyncShaderPreprocessProcessor 関数

注意

D3DX (D3DX 9、D3DX 10、D3DX 11) ユーティリティライブラリは Windows 8 用に非推奨とされており、Windows ストアアプリではサポートされていません。 「解説」を参照してください。

シェーダーのデータプロセッサを非同期に作成します。

構文

HRESULT D3DX11CreateAsyncShaderPreprocessProcessor(
  _In_        LPCSTR               pFileName,
  _In_  const D3D11_SHADER_MACRO   *pDefines,
  _In_        LPD3D10INCLUDE       pInclude,
  _Out_       ID3D10Blob           **ppShaderText,
  _Out_       ID3D10Blob           **ppErrorBuffer,
  _Out_       ID3DX11DataProcessor **ppDataProcessor
);

パラメーター

Pfilename [から]

型: LPCSTR

シェーダーファイル名を含む文字列。

pdefines [から]

型: CONST D3D11 _ SHADER _ マクロ *

NULL で終わるシェーダーマクロの配列。マクロを指定しない場合は、 NULL に設定します。

Pinclude [から]

型: LPD3D10INCLUDE

インクルードインターフェイスへのポインター。インクルードファイルが存在しないことを指定する場合は、 NULL に設定します。

ppShaderText [入出力]

型: ID3D10Blob**

シェーダーの ASCII テキストが格納されているバッファーへのポインターのアドレス。

Pperrorbuffer [入出力]

型: ID3D10Blob**

コンパイルエラーが格納されているバッファーへのポインターのアドレス。

Ppdataprocessor [入出力]

型: ID3DX11DataProcessor**

作成されたデータプロセッサを格納しているバッファーへのポインターのアドレス (「 ID3DX11DataProcessor インターフェイス」を参照)。

戻り値

型: HRESULT

戻り値は、「 Direct3D 11 Return コード」に記載されている値の1つです。

解説

D3DX 10 と D3DX 11 の外部に非同期ローダーが実装されていません。

Windows ストアアプリの場合、DirectX サンプル ( Direct3D チュートリアルサンプルなど) には、Windows ランタイムの非同期プログラミングモデル (asyncbase) を使用する basicloader モジュールが含まれています。

Win32 デスクトップアプリの場合は、同時実行ランタイムを使用して、Windows ランタイム非同期プログラミングモデルに似たものを実装できます。

必要条件

要件
ヘッダー
D3DX11async
ライブラリ
D3DX11

関連項目

D3DX 関数