記述子テーブルDescriptor Tables

記述子テーブルは、論理的には記述子の配列です。A descriptor table is logically an array of descriptors.

このセクションの内容In this section

トピックTopic 説明Description
記述子テーブルの概要Descriptor Tables Overview
各記述子テーブルには、SRV、UAV、CBV、サンプラーなど、1 つまたは複数の種類の記述子が格納されます。Each descriptor table stores descriptors of one or more types - SRVs, UAVe, CBVs, and Samplers. 記述子テーブルは、メモリの割り当てではなく、単に記述子ヒープへのオフセットと長さです。A descriptor table is not an allocation of memory; it is simply an offset and length into a descriptor heap.
記述子テーブルの使用Using Descriptor Tables
記述子ヒープ内でそれぞれ範囲を特定する記述子テーブルは、コマンドの一覧で現在のルート署名によって定義されたスロットでバインドされます。Descriptor tables, each identifying a range in a descriptor heap, are bound at slots defined by the current root signature on a command list.
記述子テーブルの高度な用途Advanced Use of Descriptor Tables
次のセクションでは、記述子テーブルの高度な使用について説明します。The following sections provide information about the advanced use of descriptor tables.

記述子ヒープDescriptor Heaps

リソース バインディングResource Binding

ルート署名Root Signatures