Direct3D 11、Direct3D 10、Direct2D での作業Working with Direct3D 11, Direct3D 10 and Direct2D

このセクションでは、Direct3D および Direct2D の以前のバージョンとの相互運用手法、Direct3D 11on12 API、および Direct3D 11 から Direct3D 12 への移植のガイドラインについて説明します。This section covers interop techniques with earlier versions of Direct3D and Direct2D, the Direct3D 11on12 API, and porting guidelines from Direct3D 11 to Direct3D 12.

このセクションの内容In this section

トピックTopic 説明Description
Direct3D 12 の相互運用Direct3D 12 Interop
D3D12 を使用して、コンポーネントアプリケーションを記述できます。D3D12 can be used to write componentized applications.
Direct3D 11 on 12Direct3D 11 on 12
D3D11On12 は、開発者が D3D11 のインターフェイスとオブジェクトを使って D3D12 API を駆動するためのメカニズムです。D3D11On12 is a mechanism by which developers can use D3D11 interfaces and objects to drive the D3D12 API. D3D11on12 を利用すると、D3D11 を使ってプログラミングされたコンポーネント (たとえば D2D テキストと UI) と、D3D12 API をターゲットとしてプログラミングされたコンポーネントとを連動させることができます。D3D11on12 enables components written using D3D11 (for example, D2D text and UI) to work together with components written targeting the D3D12 API. D3D11on12 は、D3D11 から D3D12 へのアプリケーションの段階的移植にも利用できます。つまり、アプリの一部分は引き続き D3D11 をターゲットとして単純化を図る一方で、それ以外の部分はパフォーマンス向上のために D3D12 をターゲットとすることが可能であり、常に完全で正確なレンダリングを行うことができます。D3D11on12 also enables incremental porting of an application from D3D11 to D3D12, by enabling portions of the app to continue targeting D3D11 for simplicity while others target D3D12 for performance, while always having complete and correct rendering. D3D11On12 を利用するほうがこのことを簡単に実現できるので、相互運用手法を使用して 2 つの API の間でリソースを共有して作業を同期させる必要はなくなります。D3D11On12 makes it simpler than using interop techniques to share resources and synchronize work between the two APIs.
Direct3D 11 から Direct3D 12 への移植Porting from Direct3D 11 to Direct3D 12
このセクションでは、カスタム Direct3D 11 グラフィックス エンジンから Direct3D 12 への移植に関するガイダンスをいくつか提供します。This section provides some guidance on porting from a custom Direct3D 11 graphics engine to Direct3D 12.

Direct3D 12 プログラミング ガイドDirect3D 12 Programming Guide