D3DXMatrixPerspectiveOffCenterLH 関数 (D3dx9math.h)

Note

D3DX ユーティリティ ライブラリは非推奨です。 代わりに DirectXMath を使用することをお勧めします。

カスタマイズされた左利きのパースペクティブ プロジェクション マトリックスを作成します。

構文

D3DXMATRIX* D3DXMatrixPerspectiveOffCenterLH(
  _Inout_ D3DXMATRIX *pOut,
  _In_    FLOAT      l,
  _In_    FLOAT      r,
  _In_    FLOAT      b,
  _In_    FLOAT      t,
  _In_    FLOAT      zn,
  _In_    FLOAT      zf
);

パラメーター

pOut [in, out]

型: D3DXMATRIX*

操作の結果である D3DXMATRIX 構造体へのポインター。

l [in]

型: FLOAT

ビュー ボリュームの最小 x 値。

r [in]

型: FLOAT

ビュー ボリュームの最大 x 値。

b [in]

型: FLOAT

ビュー ボリュームの最小 y 値。

t [in]

型: FLOAT

ビュー ボリュームの最大 y 値。

zn [in]

型: FLOAT

ビュー ボリュームの最小 z 値。

zf [in]

型: FLOAT

ビュー ボリュームの最大 z 値。

戻り値

型: D3DXMATRIX*

カスタマイズされた左利きのパースペクティブ プロジェクション マトリックスである D3DXMATRIX 構造体へのポインター。

注釈

D3DXMatrixPerspectiveOffCenterLH 関数のすべてのパラメーターは、カメラ空間内の距離です。 パラメーターは、ビュー ボリュームの寸法を表します。

この関数の戻り値は、 pOut パラメーターで返される値と同じです。 このようにして、 D3DXMatrixPerspectiveOffCenterLH 関数を別の関数のパラメーターとして使用できます。

この関数は、次の数式を使用して、返された行列を計算します。

2*zn/(r-l)   0            0              0
0            2*zn/(t-b)   0              0
(l+r)/(l-r)  (t+b)/(b-t)  zf/(zf-zn)     1
0            0            zn*zf/(zn-zf)  0

要件

要件
ヘッダー
D3dx9math.h
ライブラリ
D3dx9.lib

関連項目

数値演算関数

D3DXMatrixPerspectiveRH

D3DXMatrixPerspectiveLH

D3DXMatrixPerspectiveFovRH

D3DXMatrixPerspectiveFovLH

D3DXMatrixPerspectiveOffCenterRH