D3DXSaveVolumeToFile 関数

ディスク上のファイルにボリュームを保存します。

構文

HRESULT D3DXSaveVolumeToFile(
  _In_       LPCTSTR              pDestFile,
  _In_       D3DXIMAGE_FILEFORMAT DestFormat,
  _In_       LPDIRECT3DVOLUME9    pSrcVolume,
  _In_ const PALETTEENTRY         *pSrcPalette,
  _In_ const D3DBOX               *pSrcBox
);

パラメーター

pDestFile [in]

型: LPCTSTR

コピー先イメージのファイル名を指定する文字列へのポインター。 コンパイラ設定で Unicode が必要な場合、データ型 LPCTSTR は LPCWSTR に解決されます。 それ以外の場合、文字列データ型は LPCSTR に解決されます。 「解説」を参照してください。

DestFormat [in]

型: D3DXIMAGE_FILEFORMAT

D3DXIMAGE_FILEFORMAT 保存時に使用するファイル形式を指定します。 この関数は、ポータブル Pixmap (.ppm) と Targa/Truevision グラフィックス アダプター (.tga) を除くすべての D3DXIMAGE_FILEFORMAT 形式への保存をサポートします。

pSrcVolume [in]

型: LPDIRECT3DVOLUME9

保存するイメージを含む IDirect3DVolume9 インターフェイスへのポインター。

pSrcPalette [in]

型: const PALETTEENTRY*

256 色のパレットを含む PALETTEENTRY 構造体へのポインター。 このパラメーターは、NULL でもかまいません。

pSrcBox [in]

型: const D3DBOX*

D3DBOX 構造体へのポインター。 ソース ボックスを指定します。 ボリューム全体を指定するには、このパラメーターを NULL に設定します。

戻り値

型: HRESULT

関数が成功した場合、戻り値はD3D_OK。 関数が失敗した場合、戻り値は次のようになります:D3DERR_INVALIDCALL

注釈

コンパイラ設定によって、関数のバージョンも決定されます。 Unicode が定義されている場合、関数呼び出しは D3DXSaveVolumeToFileW に解決されます。 それ以外の場合、ANSI 文字列が使用されているため、関数呼び出しは D3DXSaveVolumeToFileA に解決 >されます。

この関数は、圧縮されたテクスチャ形式との間の変換を処理します。

ボリュームが非動的で (作成時に使用パラメーターが 0 に設定されているため)、ビデオ メモリ (D3DPOOL_DEFAULTに設定されたメモリ プール) にある場合、D3DX はビデオ メモリ内にある非動的ボリュームをロックできないため、 D3DXSaveTextureToFile は失敗します。

要件

要件
ヘッダー
D3dx9tex.h
ライブラリ
D3dx9.lib

こちらもご覧ください

D3DX 9 のテクスチャ関数

D3DXSaveSurfaceToFile

D3DXSaveTextureToFile

D3DXSaveVolumeToFileInMemory