シェーダー モデル 5

このセクションには、HLSL シェーダー モデル 5 の参照ページが含まれています。

シェーダー モデル 5 は、シェーダー モデル 4 のキャパビライト のスーパーセットです。 これは共通シェーダー コアを使用して設計されています。このコアは、HLSL を使用したプログラミング可能なプログラム可能なシェーダーに共通の機能セットを提供します。

機能 説明
命令セット HLSL 組み込み関数
頂点シェーダーの最大値 制限なし
ピクセル シェーダーの最大値 制限なし
新しいシェーダー プロファイルの追加 cs _ _ 4 0, gs _ 4 _ * 0 , ps _ 4 _ * 0 , _ vs 4 _ 0 , * cs _ 4 _ 1, gs _ 4 _ * 1 , ps _ _ * 4 1 , vs _ 4 _ 1 , * cs _ 5 _ 0, ds _ _ 5 0, gs _ _ 5 0, hs _ 5 _ 0, ps _ _ _ 5 0, vs 5 _ 0

*- gs _ 4 _ 0、gs _ 4 _ 1、ps _ 4 _ 0、ps _ 4 _ 1、vs 4 0、vs 4 1 はシェーダー モデル _ _ _ _ 4.0 で導入されましたが、DirectX 11 では、DirectX 10ハードウェアで実行されているシェーダー モデル 4 に構造化バッファーとバイト アドレス バッファーのサポートが追加されます。

シェーダー モデル 5 では、高速 の汎用 コンピューティングを提供する計算シェーダーが導入されています。

シェーダー モデル 5 の機能のより完全な一覧は 、Direct3D 11 の機能の一覧に含まれています

[シェーダー モデル 5 アセンブリ] セクション では、シェーダー モデル 5 でサポートされるアセンブリ命令について説明します。

このセクションの内容

項目 説明
シェーダー モデル 5 の属性
シェーダー モデル 5 属性の参照ページ。
シェーダー モデル 5 の組み込み関数
シェーダー モデル 5 組み込み関数のリファレンス ページ。
シェーダー モデル 5 オブジェクト
シェーダー モデル 5 のオブジェクトとメソッドのリファレンス ページ。
シェーダー モデル 5 のシステム値
シェーダー モデル 5 のシステム値のリファレンス ページ。

シェーダー モデルとシェーダー プロファイル