CBaseControlVideo.SetDefaultSourceRect メソッド

メソッド SetDefaultSourceRect は、既定のソース ビデオ四角形 (純粋仮想) を設定します。 これは、ソース四角形がリセットされた場合に呼び出される内部メンバー関数内のです。

構文

virtual HRESULT SetDefaultSourceRect() = 0;

パラメーター

このメソッドにはパラメーターはありません。

戻り値

HRESULT 値を返 します。

解説

派生クラスは、ソース四角形をリセットするためにこれをオーバーライドする必要があります。 CBaseControlVideo::SetDefaultSourcePosition から呼び出されます

次の例は、派生クラスでのこの関数の実装を示しています。

// This is called when you reset the default source rectangle.
HRESULT CVideoText::SetDefaultSourceRect()
{
    VIDEOINFO *pVideoInfo = (VIDEOINFO *) m_pRenderer->m_mtIn.Format();
    BITMAPINFOHEADER *pHeader = HEADER(pVideoInfo);
    RECT SourceRect = {0,0,pHeader->biWidth,pHeader->biHeight};
    m_pRenderer->m_DrawImage.SetSourceRect(&SourceRect);
    return NOERROR;
}

この例では、CVideoText は CBaseControlVideoから派生したクラスであり、m _ pRenderer は CBaseVideoRendererから派生したクラスのオブジェクトを保持し、派生クラスで定義されている m DrawImage データ メンバーは _ CDrawImage オブジェクトを保持します。 m mtIn データ メンバーは、派生クラスでも定義され、入力ピンのメディアの種類を持つ _ CMediaType オブジェクトを保持します。

必要条件

要件
ヘッダー
Ctlutil.h (ストリーム.h を含む)
ライブラリ
Strmbase.lib (小売りビルド)
Str str strsd.lib (デバッグ ビルド)

関連項目

CBaseControlVideo クラス