CBaseControlVideo.SetDestinationPosition メソッド

メソッド SetDestinationPosition は、ビデオの変換先の四角形を設定します。

構文

HRESULT SetDestinationPosition(
   long Left,
   long Top,
   long Width,
   long Height
);

パラメーター

Left

新しい左座標。

上位

新しい上座標。

Width

新しい幅。

Height

新しい高さ。

戻り値

実装に 依存する HRESULT 値を返します。には、次のいずれかの値を指定するか、一覧に含めないその他の値を指定できます。

リターン コード 説明
E _ FAIL
失敗しました。
E _ INVALIDARG
引数が無効です。
E _ POINTER
NULL ポインター引数。
NOERROR
正常終了しました。
VFW _ E _ が接続 _ されていません
ピンが接続されていないので、操作を実行できません。

解説

アプリケーションでは 、IBasicVideo インターフェイスを使用して、ビデオのソースと宛先の四角形を変更できます。 ソース四角形は、ディスプレイに表示されるネイティブ ビデオ ソースのセクションに影響します。移動先の四角形は、再生時にビデオが表示される場所に影響します。 変換先の四角形は、再生中のウィンドウのクライアント領域を基準にしています。 ウィンドウの左上隅は座標 (0,0) です。

必要条件

要件
ヘッダー
Ctlutil.h (ストリーム.h を含む)
ライブラリ
Strmbase.lib (小売りビルド)
Str str strsd.lib (デバッグ ビルド)

関連項目

CBaseControlVideo クラス