CBaseControlVideo SetSourceRect メソッド

メソッドは、 SetSourceRect 現在のソースビデオの四角形 (純粋仮想) を設定します。 これは、ソースの四角形が変更されたときに呼び出される内部メンバー関数です。

構文

virtual HRESULT SetSourceRect(
   RECT *pSourceRect
) = 0;

パラメーター

pSourceRect

コピー元の四角形へのポインター。

戻り値

HRESULT 値を返します。

解説

派生クラスは、ソース四角形がいつ変更されるかを知るために、このメンバー関数をオーバーライドする必要があります。 次のメンバー関数から呼び出されます。

派生クラスでのこの関数の実装例を次に示します。

HRESULT CVideoText::SetSourceRect(RECT *pSourceRect)
{
    m_pRenderer->m_DrawImage.SetSourceRect(pSourceRect);
    return NOERROR;
}

この例では、CVideoText は CBaseControlVideoから派生したクラスであり、m _ pRenderer は CBaseVideoRendererから派生したクラスのオブジェクトを保持し、 _ 派生クラスで定義された m DrawImage データメンバーは cdrawimage オブジェクトを保持します。

必要条件

要件
ヘッダー
Ctlutil (ストリームを含む)
ライブラリ
Strmbase .lib (リテールビルド);
Strmbasd .lib (デバッグビルド)

関連項目

CBaseControlVideo クラス