DirectShow での MPEG-2 のサポート

このセクションでは、DirectShow で MPEG-2 コンテンツを再生するために使用できるコンポーネントについて説明します。

注意

DVD ビデオは MPEG 2 に基づいていますが、このセクションでは DVD の再生やナビゲーションについては説明しません。 DirectShow の DVD の詳細については、「 Dvd アプリケーション」を参照してください。

MPEG 2 データは、ローカルファイル、またはネットワークブロードキャストや D VHS デバイスなどのライブソースから取得できます。 パーサーフィルターはファイルからフィルターグラフにデータをプルするため、ファイルの再生は プルモード と呼ばれます。 ソースフィルターはデータをグラフにプッシュするため、ライブソースは プッシュモード と呼ばれます。

DirectShow には、MPEG 2 システムストリームを解析できる2つのフィルターが用意されています。

  • Mpeg-2 デマルチプレクサー ("demux"): このフィルターは、プログラムストリームとトランスポートストリームのプッシュモードをサポートしています。 Windows XP 以降では、プログラムストリームのプルモードもサポートされています。
  • MPEG 2 スプリッター: このフィルターは、ダウンレベルプラットフォームのプログラムストリームのプルモードをサポートします。 このフィルターは、Windows XP 以降では非推奨とされます。

MPEG 2 demux または MPEG-2 スプリッターを使用するには、packetized 基本ストリーム (PES) を受け入れる、DirectShow 互換の MPEG 2 オーディオおよびビデオデコーダーが必要です。

このセクションでは、以下のトピックについて説明します。

PSI パーサーフィルターのサンプル