ソースフィルターのプッシュのサンプル

説明

このサンプルは、ビデオストリームとして次のソースデータを提供する3つのソースフィルターのセットで構成されています。

  • CPushSourceBitmap: 1 つのビットマップ (現在のディレクトリから読み込まれます)
  • CPushSourceBitmapSet: ビットマップのセット (現在のディレクトリから読み込まれます)
  • CPushSourceDesktop: 現在のデスクトップイメージのコピー (GDI のみ)

使用法

フィルターを使用するには、そのフィルターを GraphEdit に読み込んで、出力ピンをレンダリングします。 これにより、ビデオレンダラー (および場合によっては色空間コンバーターフィルター) が接続され、出力を表示できるようになります。 AVI ファイルに出力をレンダリングする場合は、AVI Mux を読み込み、ファイルライターフィルターを読み込み、ファイルライターに出力名を指定して、PushSource フィルターの出力ピンをレンダリングします。 ビデオ圧縮、ビデオ効果などを読み込んで接続することもできます。

注意

デスクトップキャプチャフィルターでは、ハードウェアオーバーレイがサポートされていないため、オーバーレイサーフェイスにレンダリングされたビデオや、ハードウェアオーバーレイを使用して表示されたカーソルはキャプチャされません。 GDI を使用して、現在のデスクトップイメージをビットマップに変換します。ビットマップは、メディアサンプルとして出力ピンに渡されます。

サンプルをダウンロードしています

DirectShow SDK サンプルをダウンロードするには、 Windows SDKの最新バージョンをインストールします。

このサンプルは次のパスにインストールされています: [ SDK Root ] \ Samples \ マルチメディア \ DirectShow \ フィルター \ pushsource。

DirectShowSamples