拡張Storage エンジン エラー

適用対象: Windows | Windowsサーバー

拡張Storage エンジン エラー

Extensible Storage Engine (ESE) API によって返される可能性のあるすべてのエラーは、データ型JET_ERR定義されます。 この API に対して定義されているエラー フラグの一覧については、「Extensible Storage Engine Error Codes 」を参照してください

ESE API のドキュメント全体で、最も重要なエラーだけが文書化されています。 これらのエラーは、通常、API の使用エラーまたは非常に重要なエラー状態を表します。 これらの ESE API は、API ごとに文書化されていないその他のエラーを返す可能性がある点に注意してください。 このような場合、呼び出し元は、API によって返される他のエラーと同様に、単にエラーを処理する必要があります。 その後、トレースなどの診断目的で特定のエラー値を使用できます。

一般に、0 より大きい値は警告として解釈し、値 0 は成功と解釈し、0 未満の値はエラーとして解釈する必要があります。 これらの値の他のパターン (値の範囲など) は、アプリケーションによって依存する必要はありません。

ESE は、より重大なエラーの一部を検出すると、エラーに関する詳細を含むイベント ログ エントリを作成します。 ログ記録のレベルは、イベント ログ パラメーター によって制御できます

一部のアプリケーションでは、HRESULT としてJET_ERRを返す機能が必要です。 次の C++ の例は、その変換を行う方法を示しています。

    #ifndef FACILITY_JET_ERR
    #define FACILITY_JET_ERR 0xE5E
    #endif
    #ifndef HRESULT_FROM_JET_ERR
    #define HRESULT_FROM_JET_ERR( __err )
    (
      ( __err ) == JET_errSuccess ?
      S_OK :
      (
        ( __err ) == JET_errOutOfMemory ?
        E_OUTOFMEMORY :
        MAKE_HRESULT
        (
          (
            ( __err ) < 0 ?
            SEVERITY_ERROR :
            SEVERITY_SUCCESS
          ),
          FACILITY_JET_ERR,
          (
            ( __err ) < 0 ?
            -( __err ) :
            ( __err )
          )
          & 0xFFFF
        )
      )
    )
    
    #endif

エラー処理用のシステム パラメーターの構成の詳細については、「エラー処理パラメーター 」を参照してください

参照

エラー処理パラメーター

拡張可能なStorage エンジンのエラー コード

JET_ERR