ディスククォータのシステムレベルの管理

システム管理者は、ボリューム上の特定のユーザーにクォータを設定できます。 管理者は、ボリュームの既定のクォータを設定することもできます。 管理者がそのユーザー専用のクォータを設定していない限り、ボリュームの新しいユーザーは既定のクォータを受け取ります。

管理者は、クォータの追跡と適用 (またはクォータの状態) のレベル、既定のクォータ制限、およびユーザーごとのクォータ情報を照会できます。 ユーザーごとのクォータ情報には、ユーザーのハードクォータ制限、警告しきい値、およびクォータの使用量が含まれます。 また、クォータの適用を有効または無効にすることもできます。

次の表に示すように、3つのクォータの状態があります。

State 説明
クォータが無効 クォータの使用量の変更は追跡されませんが、クォータの制限は削除されません。 この状態では、パフォーマンスはディスククォータの影響を受けません。 これが既定の状態です。
クォータの追跡 クォータの使用量の変更は追跡されますが、クォータの制限は適用されません。 この状態では、クォータ違反イベントは生成されず、ディスククォータ違反が原因でファイル操作が失敗することはありません。
クォータの適用 クォータの使用状況の変更が追跡され、クォータの制限が適用されます。