ビットマップ、デバイス コンテキスト、描画サーフェス

デバイス コンテキスト (DC) は、グラフィックス オブジェクト、関連する属性、およびデバイスの出力に影響を与えるグラフィックス モードを定義するデータ構造です。 DC を作成するには、 CreateDC 関数を呼び出します。DC を取得するには、 GetDC 関数を呼び出します。

その DC を識別するハンドルを返す前に、システムは DC に描画サーフェスを選択します。 アプリケーションが CreateDC 関数を呼び出して VGA ディスプレイのデバイス コンテキストを作成した場合、この描画サーフェイスのサイズは 640 x 480 ピクセルです。 アプリケーションが GetDC 関数を呼び出した場合、ディメンションにはクライアント領域のサイズが反映されます。

アプリケーションが描画を開始する前に、 SelectObject 関数を呼び出して、適切な幅と高さのビットマップを DC に選択する必要があります。 アプリケーションがグラフィックス デバイス インターフェイス (GDI) 描画関数の 1 つに DC にハンドルを渡すと、要求された出力が DC に選択された描画サーフェイスに表示されます。

詳細については、「 メモリ デバイス コンテキスト」を参照してください。