WM_SYNCPAINT メッセージ

WM_SYNCPAINT メッセージは、独立した GUI スレッドのリンクを回避しながら描画を同期するために使用されます。

ウィンドウは、 WindowProc 関数を介してこのメッセージを受信します。

LRESULT CALLBACK WindowProc(
  HWND hwnd, 
  UINT  uMsg, 
  WPARAM wParam, 
  LPARAM lParam     
);

パラメーター

wParam

このパラメーターは使用されません。

lParam

このパラメーターは使用されません。

戻り値

アプリケーションがこのメッセージを処理すると、0 が返されます。

解説

ウィンドウが非表示、表示、移動、またはサイズ変更されている場合、システムは、他のスレッドの最上位ウィンドウに WM_SYNCPAINT メッセージを送信する必要があると判断する場合があります。 アプリケーションは、処理のために WM_SYNCPAINTDefWindowProc に渡す必要があります。 DefWindowProc 関数は、ウィンドウ フレームを描画する必要がある場合は、ウィンドウ プロシージャにWM_NCPAINT メッセージを送信し、ウィンドウの背景を消去する必要がある場合はWM_ERASEBKGNDメッセージを送信します。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Winuser.h (Windows.h を含む)

関連項目

描画と描画の概要

メッセージの描画と描画

DefWindowProc

GetDCEx

GetWindowDC

WM_PAINT