URL グループの構成

URL グループ ID は HttpCreateUrlGroup 関数 を使用して作成され 、HttpSetUrlGroupPropertyの呼び出しで使用されます。 pPropertyInformation パラメーターは、設定されているプロパティ型の構成構造をポイントします。 PropertyInformationLength パラメーターは、構成構造のサイズをバイト単位で指定します。 たとえば 、HttpServerTimeoutsProperty を設定する場合 、pPropertyInformation パラメーターは、HTTP TIMEOUT LIMIT INFO 構造体より小さくできないバッファーを指す _ _ _ 必要 があります。 URL グループの構成は 、HttpQueryUrlGroupProperty を呼び出すことによって照会されます

URL グループが作成されると 、HttpAddUrlToUrlGroupを使用して URL がグループに追加されます。 要求を受信するには、URL グループをバージョン 2.0 の要求キューに関連付ける必要があります。 URL グループを要求キューに関連付ける場合、アプリケーションは HttpSetUrlGroupProperty を呼び出し、Property パラメーターで HttpServerBindingProperty を指定 します。 このプロパティが設定されていない場合、URL グループに対する一致する要求は要求キューに配信されません。HTTP Server API は 503 応答を生成します。 アプリケーションは、低い特権で実行されている場合にのみ、サービスで予約された URL を URL グループに追加できます。 詳細については、「名前空間の予約 、登録、ルーティング」トピックを参照 してください。