Show メソッド

[Microsoft Agent は、Windows 7 以降は非推奨とされており、以降のバージョンの Windows では使用できない可能性があります。]

Description

指定した文字を表示し、関連付けられた [表示] アニメーション を再生 します。

構文

agent**。文字 ("**CharacterID*")。高速表示 * [ ]

パーツ 説明
[高速] 省略可能。 サーバーが [表示] アニメーションを再生するかどうかを指定する ブール式True 状態の表示 アニメーションを スキップします。
False (既定値) 状態の表示アニメーション スキップされません。

解説

オブジェクト参照を宣言し、このメソッドに設定すると 、Request オブジェクトが返されます。 さらに、関連付けられている[アニメーションの表示] が読み込まれ 、Fast パラメーターを True として指定していない場合、サーバーは Request オブジェクトの Statusプロパティを適切なエラー番号で "failed" に設定します。 したがって、HTTP プロトコルを使用して文字アニメーション データにアクセスする場合は 、Getメソッドを使用して Show メソッドを呼び出す前に、状態の表示アニメーションを読み む必要があります。

最初にアニメーションを 事前に 再生 せずに、Fast パラメーターを True に設定しないようにします。それ以外の場合は、文字フレームが画像を表示しない場合があります。 特に、文字が表示されないときに MoveTo を呼び出した場合、アニメーションは再生されません。 そのため、高速を True に設定して Show メソッド 呼び出 した場合、 イメージは表示されません。 同様に、 [非表示] を び出し、 [高速で表示**] を** True に設定すると、表示されるイメージは表示されません。

参照

Hide メソッド