TTSModeID プロパティ

[Microsoft エージェントは Windows 7 の時点で非推奨となり、以降のバージョンの Windows では使用できない可能性があります。

Description

文字に使用される TTS エンジン モードを設定または返します。

構文

agent**。文字 ("CharacterID")。TTSModeID** [ = ModeID]

パーツ 説明
ModeID 音声エンジンのモード ID に対応する文字列式。

 

解説

このプロパティは、文字の音声出力の TTS (テキスト読み上げ) エンジン モード ID を決定します。 TTS エンジンのモード ID は、エンジンのモードを一意に識別する音声ベンダーによって定義された書式設定された文字列です。 詳細については、「 コードでの音声エンジンへのアクセス」を参照してください

このプロパティを設定すると、キャラクターのコンパイル済み TTS 設定と文字の現在の LanguageID 設定に基づいてエンジンを読み込もうとするサーバーの試行がオーバーライドされます。 ただし、インストールされていないエンジンのモード ID を指定した場合、またはユーザーが Microsoft Agent プロパティ シート (AudioOutput.Enabled = False) で音声出力を無効にした場合、サーバーはエラーを発生させます。

文字の TTS モード ID を設定しない (または正常に行っていない) 場合、サーバーは、文字のコンパイル済み TTS モード設定が文字の LanguageID 設定と一致するかどうか、および関連付けられている TTS エンジンがインストールされているかどうかを確認します。 その場合、音声出力の文字によって使用される TTS モードと、このプロパティは、そのモード ID を返します。 そうでない場合、サーバーは、文字の LanguageID に一致する互換性のある SAPI 音声エンジンと、キャラクターのコンパイル 済みモード ID に設定された性別と年齢を要求します。 文字の LanguageID を設定していない場合、その LanguageID は現在のユーザー言語です。 一致するエンジンが見つからない場合、このプロパティのクエリを実行すると、エンジンのモード ID の空の文字列が返されます。 同様に、ユーザーが Microsoft Agent プロパティ シート (AudioOutput.Enabled = False) で音声出力を無効にしたときにこのプロパティをクエリする場合、値は空の文字列になります。

このプロパティを照会または設定すると、関連付けられているエンジンが読み込まれます (まだ読み込まれていない場合)。 ただし、文字のコンパイル済み TTS 設定で指定されたエンジンがインストールされ、文字の言語 ID 設定と一致する場合は、文字の読み込み時にエンジンが読み込まれます。

このプロパティは、クライアント アプリケーションによる文字の使用にのみ適用されます。この設定は、文字の他のクライアントやクライアント アプリケーションの他の文字には影響しません。

Microsoft エージェントの音声エンジンの要件は、Microsoft Speech API に基づいています。 Microsoft エージェントの SAPI 要件をサポートするエンジンは、エージェントと共にインストールして使用できます。

Note

このプロパティは、システムに互換性のあるサウンド サポートがインストールされていない場合も、空の文字列を返します。

 

Note

Speech.dllがインストールされておらず、指定したエンジンが文字のコンパイル済み TTS モード設定と一致しない場合、 TTSModeID の設定は失敗する可能性があります。

 

Note

このプロパティのクエリを実行しても、通常はエラーは返されません。 ただし、音声エンジンの読み込みに異常に長い時間がかかる場合は、クエリがタイムアウトしたことを示すエラーが発生する可能性があります。

 

参照

LanguageID プロパティ