WebViewFolderContents.SelectedItems メソッド

ビュー内 の選択した 項目のすべてを表す FolderItems オブジェクトを取得します。

構文

retVal = WebViewFolderContents.SelectedItems()

パラメーター

このメソッドにはパラメーターはありません。

戻り値

種類: FolderItems**

FolderItemsオブジェクトへのオブジェクト参照。

次の例は、HTML に埋め込まれているオブジェクトに対してこのメソッドJScriptを示しています。

<html>
<head>

...

<script language="JavaScript">
    function fnWebViewFolderContentsSelectedItemsJ()
    {
        var objFolderItems;

        objFolderItems = FileList.SelectedItems();
        if (objFolderItems != null)
        {
            alert(objFolderItems.Count);
        }
    }
</script>

</head>
<body>

...

<object id=FileList classid="clsid:1820FED0-473E-11D0-A96C-00C04FD705A2" tabIndex=1>
</body>
</html>

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional XP Windows [ のみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
Shldisp.h
IDL
Shldisp.idl
[DLL]
Shell32.dll (バージョン 4.71 以降)