アルファベット順の属性メディア ファンデーション一覧

このセクションには、1 つの属性のアルファベットMicrosoft メディア ファンデーション含まれています。

このセクションの内容

トピック 説明
EVRConfig _ AllowBatching
拡張ビデオ レンダラー (EVR) が Microsoft Direct3D IDirect3DDevice9::Pメソッドへの呼び出しをバッチ処理 できます。
EVRConfig _ AllowDropToBob
BOB デインターレースを使用して EVR のパフォーマンスを向上させることができます。
EVRConfig _ AllowDropToHalfInterlace
インターレースフレームごとに 2 番目のフィールドをスキップすることで、EVR がパフォーマンスを向上させることができます。
EVRConfig _ AllowDropToThrottle
EVR が GPU 帯域幅に合わせて出力を制限できます。
EVRConfig _ AllowScaling
ALL を使用すると、EVR は出力四角形よりも小さい四角形内でビデオを混在し、結果をスケーリングできます。
EVRConfig _ ForceBatching
IDirect3D9Device::P resent メソッドへの呼び出しを強制的にバッチ処理します。
EVRConfig _ ForceBob
EVR に bob deinterlacing を強制的に使用します。
EVRConfig _ ForceHalfInterlace
インターレースされたフレームごとに、EVR が 2 番目のフィールドをスキップします。
EVRConfig _ ForceScaling
EVR が出力四角形より小さい四角形内でビデオを強制的に混在し、結果を拡大縮小します。
EVRConfig _ ForceThrottle
GPU 帯域幅に合わせて出力を制限するために EVR を強制的に設定します。
MF _ ACTIVATE _ CUSTOM _ VIDEO _ MIXER _ ACTIVATE
拡張ビデオ レンダラー (EVR) メディア シンク用のカスタム ビデオ ミキサーを作成するアクティブ化オブジェクトを指定します。
MF _ ACTIVATE _ CUSTOM _ VIDEO _ MIXER _ CLSID
拡張ビデオ レンダラー (EVR) メディア シンク用のカスタム ビデオ ミキサーの CLSID。
MF _ ACTIVATE _ CUSTOM _ VIDEO _ MIXER _ FLAGS
拡張ビデオ レンダラー (EVR) 用のカスタム ミキサーを作成する方法を指定します。
MF _ ACTIVATE _ CUSTOM _ VIDEO _ PRESENTER _ ACTIVATE
拡張ビデオ レンダラー (EVR) メディア シンク用のカスタム ビデオ 発表者を作成するアクティブ化オブジェクトを指定します。
MF _ ACTIVATE _ CUSTOM _ VIDEO _ PRESENTER _ CLSID
拡張ビデオ レンダラー (EVR) メディア シンク用のカスタム ビデオ 発表者の CLSID。
MF _ ACTIVATE _ CUSTOM _ VIDEO _ PRESENTER _ FLAGS
拡張ビデオ レンダラー (EVR) のカスタム 発表者を作成する方法を指定します。
MF _ ACTIVATE _ MFT _ LOCKED
トポロジ ローダーが、変換 (MFT) のメディアの種類をメディア ファンデーションするかどうかを指定します。 アプリケーションでは通常、この属性は使用されます。
MF _ ACTIVATE _ VIDEO _ WINDOW
ビデオ クリッピング ウィンドウを処理します。
MF _ ASFPROFILE _ MAXPACKETSIZE
ASF ファイルの最大パケット サイズをバイト単位で指定します。
MF _ ASFPROFILE _ MINPACKETSIZE
ASF ファイルの最小パケット サイズをバイト単位で指定します。
MF _ ASFSTREAMCONFIG _ LEAKYBUCKET1
メディア ファイルのエンコードに関する平均的な "漏れバケット" パラメーター (「解説Windows設定します。 IMFASFStreamConfig インターフェイスを使用して、この属性を設定します。
MF _ ASFSTREAMCONFIG _ LEAKYBUCKET2
メディア ファイルをエンコードするピークの "漏れバケット" パラメーター (「解説Windows設定します。 これらのパラメーターは、ピーク ビット レートに使用されます。 IMFASFStreamConfig インターフェイスを使用して、この属性を設定します。
MF _ オーディオ _ レンダラー _ 属性エンドポイント _ _ ID
オーディオ エンドポイント デバイスの識別子を指定します。
MF _ オーディオ _ レンダラー _ 属性エンドポイント _ _ ロール
オーディオ レンダラーのオーディオ エンドポイントロールを指定します。
MF _ オーディオ _ レンダラー _ 属性 _ フラグ
オーディオ レンダラーを構成するフラグが含まれている。
MF _ オーディオ _ レンダラー _ 属性セッション _ _ ID
オーディオ レンダラーのオーディオ ポリシー クラスを指定します。
MF _ オーディオ _ レンダラー _ 属性ストリーム _ _ カテゴリ
ストリーミング オーディオ レンダラー (SAR) のオーディオ ストリーム カテゴリを 指定します。
MF _ BYTESTREAM _ コンテンツ _ タイプ
バイト ストリームの MIME の種類を指定します。
MF _ BYTESTREAM _ DURATION
バイト ストリームの継続時間を 100 ナノ秒単位で指定します。
MF _ BYTESTREAM _ の有効 _ な URL
バイト ストリームの有効な URL を取得します。
MF _ BYTESTREAM _ IFO _ ファイル _ URI
HTTP ヘッダー "Pragma: ifoFileURI.dlna.org" の HTTP サーバーで指定された IFO (DVD 情報) ファイルの URL が含まれています。
MF _ BYTESTREAM _ 最終 _ 変更 _ 時刻
バイト ストリームが最後に変更された日時を指定します。
MF _ BYTESTREAM _ ORIGIN _ NAME
バイト ストリームの元の URL を指定します。
MF _ BYTESTREAMHANDLER が _ 共有書き込 _ みを受け入 _ れる
バイト ストリーム ハンドラーが、別のスレッドによる書き込み用に開いたバイト ストリームを使用できるかどうかを指定します。
MF _ キャプチャ _ エンジン _ のカメラ _ ストリーム _ がブロックされました
ビデオ キャプチャがドライバーによってブロックされているというシグナル。
MF _ キャプチャ _ エンジン _ のカメラ _ _ ストリームのブロック解除
ブロックされた後にビデオ キャプチャが復元されるというシグナル。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ D3D _ MANAGER 属性
キャプチャ エンジン上の DXGI デバイス マネージャーポインターを設定します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ DECODER _ MFT _ FIELDOFUSE _ UNLOCK _ 属性
キャプチャ エンジンが、使用フィールドの制限を持つデコーダーを使用できます。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ DISABLE _ DXVA Attribute
キャプチャ エンジンがビデオ デコードに DirectX Video Acceleration (DXVA) を使用するかどうかを指定します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ DISABLE _ HARDWARE _ TRANSFORMS Attribute
キャプチャ エンジンでハードウェア ベースの変換 (メディア ファンデーション変換 (MFT) の使用を無効にします。
MF _ キャプチャ _ エンジンで _ カメラ _ _ STREAMSTATE 通知を有効 _ にする
ストリーム状態通知を有効にするかどうかを示します。
MF _ キャプチャ エンジン エンコーダー _ _ _ MFT _ FIELDOFUSE _ UNLOCK _ 属性
キャプチャ エンジンで、使用フィールドの制限があるエンコーダーを使用できます。
MF _ CAPTURE ENGINE EVENT GENERATOR GUID _ _ _ _ 属性
キャプチャ イベントを生成したコンポーネントを識別します。
MF _ CAPTURE ENGINE EVENT STREAM INDEX _ _ _ _ 属性
キャプチャ イベントを生成したストリームを識別します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ MEDIASOURCE CONFIG _ 属性
キャプチャ ソースの構成プロパティを格納します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ OUTPUT _ MEDIA _ TYPE _ SET
IMFCaptureSink2::SetOutputTypeに応答して、キャプチャ エンジンで出力の種類が設定されたかどうかを示します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ RECORD _ SINK _ AUDIO _ MAX _ PROCESSED _ SAMPLES Attribute
レコード シンクのオーディオ パスにバッファーできる処理されたサンプルの最大数を設定します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ RECORD _ SINK _ AUDIO _ MAX _ UNPROCESSED _ SAMPLES Attribute
レコード シンクのオーディオ パスで処理のためにバッファーできる未処理のサンプルの最大数を設定します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ RECORD _ SINK _ VIDEO _ MAX _ PROCESSED _ SAMPLES Attribute
レコード シンクのビデオ パスでバッファー処理できる処理されたサンプルの最大数を設定します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ RECORD _ SINK _ VIDEO _ MAX _ UNPROCESSED _ SAMPLES Attribute
レコード シンク のビデオ パスで処理のためにバッファー処理できる未処理のサンプルの最大数を設定します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ USE _ AUDIO _ DEVICE _ ONLY Attribute
キャプチャ エンジンがオーディオをキャプチャするが、ビデオをキャプチャしないかどうかを指定します。
MF _ CAPTURE _ ENGINE _ USE _ VIDEO _ DEVICE _ ONLY Attribute
キャプチャ エンジンがオーディオではなくビデオをキャプチャするかどうかを指定します。
MF _ CAPTURE _ METADATA _ FRAME _ BACKGROUND _ MASK
ビデオ フレームの背景と前景を区別するバックグラウンド セグメント化マスクのメタデータとマスク バッファーを報告します。
MF _ キャプチャ _ メタデータ _ フレーム _ の照らし
アクティブな赤外光 (IR) 照明を使用してフレームがキャプチャされたかどうかを示す 値。
MF _ CAPTURE _ METADATA _ PHOTO _ FRAME _ FLASH
キャプチャされたフレームに対してフラッシュがトリガーされたかどうかを示します。
MF _ デバイス _ の温度 _ 状態の _ 変更
デバイスの温度状態の変化を示すイベントを表します。
MF _ DEVICESTREAM _ 属性 _ FRAMESOURCE _ 型
フレーム ソースの種類を表します。
MF _ DEVICESTREAM _ 拡張機能 _ プラグイン _ 接続 _ ポイント
拡張プラグイン接続ポイントを表します。
MF _ DEVICESTREAM _ 拡張機能 _ プラグイン _ CLSID
ビデオ キャプチャ デバイスの後処理プラグインの CLSID を指定します。
MF _ DEVICESTREAM _ FRAMESERVER _ HIDDEN
この属性は、ストリームに設定すると、ストリームをクライアントから非表示としてマークします。
MF _ DEVICESTREAM _ FRAMESERVER _ SHARED
この属性は、ストリームに設定されている場合に、ストリームをフレーム サーバーが共有として明示的にマークします。
MF _ DEVICESTREAM _ イメージ _ ストリーム
ビデオ キャプチャ ソース上のストリームが、まだ画像ストリームであるかどうかを指定します。
MF _ DEVICESTREAM _ の独立 _ した _ イメージ ストリーム
ビデオ キャプチャ ソース上のイメージ ストリームがビデオ ストリームから独立するかどうかを指定します。
MF _ DEVICESTREAM _ の _ 最大フレーム _ バッファー数
ビデオ キャプチャ ソースでこのストリーム用にバッファーするフレームの最大数を指定します。
MF _ DEVICESTREAM _ マルチプレクサー _ ド マネージャー
多重化されたメディア ソースのサブストリームを記述する IMFAttributesを管理する IMFMuxStreamAttributesManagerのインスタンスを提供します。
MF _ DEVICESTREAM _ に必要 _ な機能
センサー変換に必要なデバイス機能を表す Unicode 文字列の一覧を指定します。
MF _ DEVICESTREAM _ ストリーム _ カテゴリ
ストリーム カテゴリを表します。
MF _ DEVICESTREAM _ ストリーム _ ID
ビデオ キャプチャ デバイス上のストリームのカーネル ストリーミング (KS) 識別子を指定します。
MF _ DEVICESTREAM _ TAKEPHOTO _ トリガー
写真の撮影トリガーがデバイス ソースにカプセル化される場合に指定します。
MF _ DEVICESTREAM _ TRANSFORM _ STREAM _ ID
ストリームのメディア ファンデーション変換 (MFT) ストリーム ID を表します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ の表示 _ 名
デバイスの表示名を指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ メディア _ の種類
デバイスの出力形式を指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ のソース _ の種類
オーディオ キャプチャやビデオ キャプチャなど、デバイスの種類を指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ ソース _ の種類 _ AUDCAP _ エンドポイント _ ID
オーディオ キャプチャ デバイスのエンドポイント ID を指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ ソース _ の種類 _ AUDCAP _ ロール
オーディオ キャプチャ デバイスのデバイスの役割を指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ ソースの _ 種類 _ VIDCAP _ カテゴリ
ビデオ キャプチャ デバイスのデバイス カテゴリを指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ のソース _ の種類 _ VIDCAP _ HW _ ソース
ビデオ キャプチャ ソースがハードウェア デバイスかソフトウェア デバイスかを指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性ソース _ の _ 種類 _ VIDCAP MAX _ _ BUFFERS
ビデオ キャプチャ ソースがバッファーするフレームの最大数を指定します。
MF _ DEVSOURCE _ 属性 _ のソース _ の種類 _ VIDCAP _ シンボリック _ リンク
ビデオ キャプチャ ドライバーのシンボリック リンクを格納します。
MF _ DMFT _ フレーム _ バッファー _ 情報
デバイス ドライバーに送信されるシステム割り当てフレーム バッファーに関する情報が含まれます。
MF _ ローカル _ に登録された _ プラグイン _ を無効にする
ローカルに登録されているプラグインが無効になっている場合に指定します。
MF _ ENABLE _ 3DVIDEO _ OUTPUT
3D ステレオメディア ファンデーション (MFT) で 3D ステレオピック ビデオ ストリームを出力する方法を指定します。
MF _ イベント _ DO _
メディア ソースが新しい再生レートを要求すると、この属性は、ソースが同じ再生を要求するかどうかを指定します。 子の定義については、「レートコントロールについて 」を参照してください
MF _ EVENT _ MFT _ CONTEXT
METransformMarker イベントの呼び出し元 定義の値を格納 します。
MF _ イベント _ MFT _ 入力ストリーム _ _ ID
変換 (MFT) の入力メディア ファンデーション指定します。
MF _ イベント _ 出力 _ ノード
ストリーム シンクのトポロジ ノードを識別します。
MF _ イベント _ プレゼンテーション _ の時間 _ オフセット
プレゼンテーション時間とメディア ソースのタイム スタンプの間のオフセット。
MF _ イベント _ スクラブサンプル _ 時間
スクラブ中にレンダリングされたサンプルのプレゼンテーション時間。
MF _ EVENT _ SESSIONCAPS
現在のプレゼンテーションに基づいてメディア セッションの機能を定義するフラグを格納します。
MF _ イベント _ SESSIONCAPS _ DELTA
現在のプレゼンテーションに基づいて、メディア セッションで変更された機能を示すフラグを格納します。
MF _ イベント ソース _ _ の実際の _ 開始
メディア ソースが現在の位置から再起動する開始時刻を格納します。
MF _ イベント _ ソース _ の特性
メディア ソースの現在の特性を指定します。
MF _ イベント _ ソース _ の _ 特性古い
メディア ソースの以前の特性を指定します。
MF _ イベント ソース _ の FAKE _ _ START
現在のセグメント トポロジが空かどうかを指定します。
MF _ イベント _ ソース _ プロジェクトの開始
セグメント トポロジの開始時刻を指定します。
MF _ イベント _ ソース _ トポロジ _ が取り消されました
Sequencer ソースが トポロジを取り 消したかどうかを指定します。
MF _ イベント _ の開始 _ プレゼンテーション _ 時間
プレゼンテーションクロックによって測定された、プレゼンテーションの開始時刻 (100 ナノ秒単位)。
MF _ イベント _ の出力 _ _ 時のプレゼンテーション _ _ 開始時刻
メディア シンクが新しいトポロジの最初のサンプルをレンダリングするプレゼンテーション時間。
MF _ EVENT _ STREAM _ METADATA _ CONTENT _ KEYIDS
コンテンツ キーの ID を指定します。
MF _ イベント ストリーム メタデータ _ _ _ KEYDATA
保護システム固有のデータを指定します。
MF _ イベント ストリーム メタデータ _ _ _ SYSTEMID
キー データの対象となるシステム ID を指定します。
MF _ イベント _ トポロジの _ 状態
再生中のトポロジの状態を指定します。
MF _ ローカル _ プラグイン _ 制御 _ ポリシー
ローカル プラグイン制御ポリシーを指定します。
MF _ 低 _ 待機時間
パイプラインで待機時間の短い処理をメディア ファンデーションします。
MF _ メディア _ エンジンオーディオ _ _ カテゴリ
オーディオ ストリームのカテゴリを指定します。
MF _ メディア _ エンジンオーディオ _ _ エンドポイント _ ロール
オーディオ ストリームのデバイスロールを指定します。
MF _ メディア _ エンジン _ ブラウザー _ 互換 _ モード
ブラウザー互換モードを指定します。
MF _ メディア _ エンジン _ コールバック
メディア エンジンのコールバック インターフェイスへのポインターを格納します。
MF _ メディア _ エンジン _ のコンテンツ _ 保護 _ フラグ
メディア エンジンが保護されたコンテンツを再生するかどうかを指定します。
MF _ MEDIA _ ENGINE _ CONTENT _ PROTECTION _ MANAGER
メディア エンジンが保護されたコンテンツを再生できます。
MF _ メディア _ エンジン _ COREWINDOW
コア ウィンドウ。
MF _ メディア _ エンジン _ DXGI _ MANAGER
メディア エンジンで Microsoft DirectX Graphic Infrastructure (DXGI) (DXGI) デバイス マネージャーを設定します。
MF _ メディア _ エンジン _ 拡張機能
IMFMediaEngineExtension インターフェイスへのポインターを格納します。
MF _ メディア _ エンジンの _ NEEDKEY _ コールバック
作成時にメディア エンジンに IMFMediaEngineNeedKeyNotify で渡される属性。
MF _ メディア _ エンジン _ OPM _ HWND
メディア エンジンが Output Protection Manager (OPM) 保護を適用するウィンドウを指定します。
MF _ メディア _ エンジン再生 _ _ HWND
メディア エンジンのビデオ再生ウィンドウにハンドルを設定します。
MF _ メディア _ エンジン _ 再生 _ ビジュアル
メディア エンジンの再生領域として Microsoft DirectComposition ビジュアルを設定します。
MF _ メディア _ エンジン _ ソース _ リゾルバー _ 構成 _ ストア
ソース リゾルバー構成ストアを取得します。
MF _ メディア _ エンジン ストリーム _ _ にアルファ _ チャネルが含 _ まれている
ストリームにアルファ チャネルが含まれている場合に指定します。
MF _ メディア _ エンジン _ のトラック _ ID
トラック ID を指定します。
MF _ メディア _ エンジン _ のビデオ _ 出力 _ 形式
メディア エンジンのレンダー ターゲット形式を設定します。
MF _ MEDIATYPE _ マルチプレクサー _ ド マネージャー
多重化されたメディア ソースのサブストリームのメディアの種類を取得し、ソースによって多重化されるサブストリームの組み合わせを制御するために使用できる IMFMuxStreamMediaTypeManager のインスタンスを提供します。
MF _ MP2DLNA _ オーディオ ビット _ _ レート
Digital Living Network Alliance (DLNA) メディア シンクの最大オーディオ ビット レートを指定します。
MF _ MP2DLNA _ エンコード _ 品質
DLNA メディア シンクのエンコード品質を指定します。
MF _ MP2DLNA _ STATISTICS
DLNA メディア シンクから統計を取得します。
MF _ MP2DLNA _ USE _ MMCSS
DLNA メディア シンクでマルチメディア クラス スケジューラ サービス (MMCSS) を使用するかどうかを指定します
MF _ MP2DLNA _ ビデオ ビット _ _ レート
DLNA メディア シンクの最大ビデオ ビット レートを指定します。
MDAT _ の前の MF MPEG4SINK _ _ _ MOOV
生成されたファイルの 'mdat' ボックスの前に 'moov' が書き込まれます。
MF _ MPEG4SINK _ SPSPPS _ パススルー
MPEG-4ファイル シンクがシーケンス パラメーター セット (SPS) とピクチャ パラメーター セット (PPS) の NALUs をフィルターで取り出すかどうかを指定します。
MF _ MSE _ ACTIVELIST _ コールバック
アクティブバッファー リストの IMFBufferListNotify インターフェイスのアプリケーションのコールバック インターフェイスへのポインターを格納します。
MF _ MSE _ BUFFERLIST _ コールバック
IMFBufferListNotifyのアプリケーションのコールバック インターフェイスへのポインターを格納します。
MF _ MSE _ コールバック
IMFMediaSourceExtensionNotifyのアプリケーションのコールバック インターフェイスへのポインターを格納します。
MF _ MT _ AAC オーディオ プロファイル _ _ レベル _ _ の表示
高度なオーディオ コーディング (AAC) ストリームのオーディオ プロファイルとレベルを指定します。
MF _ MT _ AAC _ ペイロード _ の種類
高度なオーディオ コーディング (AAC) ストリームのペイロードの種類を指定します。
MF _ MT _ ALL _ SAMPLES _ INDEPENDENT
各サンプルがストリーム内の他のサンプルから独立するかどうかをメディアの種類に指定します。
MF _ MT _ アルファ _ モード
カラー メディアのビデオの種類のアルファ モードを前から読み込むか、または直接にするか指定します。
MF _ MT _ AM _ FORMAT _ TYPE
メディアの種類DirectShow GUID 形式の GUID を格納します。
MF _ MT _ の任意の _ 形式
バイナリ ストリームの追加のフォーマット データは、Advanced Systems Format (ASF) ファイルに格納されます。
MF _ MT _ ARBITRARY _ HEADER
ASF ファイル内のバイナリ ストリームのAdvanced Systems Formatデータ。
MF _ MT _ オーディオの _ 1 _ 秒あたりの平均 _ _ バイト数
オーディオ メディアの種類の 1 秒あたりの平均バイト数。
サンプルあたりの MF _ MT _ オーディオ _ _ _ ビット数
オーディオ メディアの種類のオーディオ サンプルあたりのビット数。
MF _ MT _ オーディオ _ ブロック _ の配置
オーディオ メディアの種類に対するブロックの配置 (バイト単位)。 ブロックの配置は、オーディオ形式のデータの最小アトミック単位です。
MF _ MT オーディオ チャネル _ _ _ マスク
オーディオ メディアの種類では、 は、スピーカーの位置へのオーディオ チャネルの割り当てを指定します。
1 秒あたりの MF _ MT オーディオ _ FLOAT _ _ _ _ サンプル
オーディオメディアタイプの1秒あたりのオーディオサンプル数。
MF _ MT _ AUDIO _ FOLDDOWN _ MATRIX
オーディオデコーダーがマルチチャネルオーディオをステレオ出力に変換する方法を指定します。 このプロセスは 、フォールダウン とも呼ばれます。
MF _ MT _ オーディオ _ NUM _ チャネル
オーディオメディアの種類のオーディオチャンネルの数。
MF _ MT _ オーディオ _ 優先 _ WAVEFORMATEX
オーディオメディアの種類を変換するときに使用する、推奨されるレガシフォーマット構造を指定します。
_ _ _ _ 1 _ ブロックあたりの MF MT オーディオサンプル
1つの圧縮されたオーディオデータブロックに含まれるオーディオサンプルの数。 この属性は、各ブロック内のサンプル数が固定されている圧縮オーディオ形式で使用できます。
_1 秒あたりの MF MT _ オーディオ _ サンプル _ 数 _
オーディオメディアタイプの1秒あたりのオーディオサンプル数。
_サンプルあたりの MF MT _ AUDIO _ 有効な _ ビット _ 数 _
各オーディオサンプルの有効なオーディオデータのビット数。
MF _ MT _ オーディオ _ WMADRC _ AVグリーン
Windows メディアオーディオファイルの平均ボリュームレベルを参照します。
MF _ MT _ オーディオ _ WMADRC _ AVGTARGET
Windows メディアオーディオファイルの平均ボリュームレベルをターゲットにします。
MF _ MT _ オーディオ _ WMADRC _ PEAKREF
Windows メディアオーディオファイルのピークボリュームレベルを参照します。
MF _ MT _ オーディオ _ WMADRC _ PEAKTARGET
Windows メディアオーディオファイルのピークボリュームレベルをターゲットにします。
MF _ MT _ AVG _ ビット _ エラー _ 率
ビデオメディアの種類のデータエラー率 (1 秒あたりのビットエラー数)。
MF _ MT の _ 平均 _ ビットレート
ビデオメディアの種類に対するビデオストリームのおおよそのデータ速度 (1 秒あたりのビット数)。
MF _ MT _ 圧縮
メディアデータを圧縮するかどうかをメディアの種類ごとに指定します。
MF _ MT _ カスタム _ ビデオの _ プライマリ
ビデオメディアの種類のカスタムカラープライマリを指定します。
MF_MT_D3D_RESOURCE_VERSION
メディアの種類に関連付けられたデータストリームに格納されているリソースの Direct3D バージョンを指定します。
MF_MT_D3D12_CPU_READBACK
関連付けられている Direct3D リソースに CPU アクセスが必要かどうかを示します。
MF_MT_D3D12_RESOURCE_FLAG_ALLOW_CROSS_ADAPTER
ストリーム内のリソースをアダプター間のデータに使用できるかどうかを示します。
MF_MT_D3D12_RESOURCE_FLAG_ALLOW_DEPTH_STENCIL
メディアの種類に関連付けられているストリーム内の Direct3D リソースに対して、深度ステンシルビューを作成できるかどうかを示します。
MF_MT_D3D12_RESOURCE_FLAG_ALLOW_RENDER_TARGET
メディアの種類に関連付けられているストリーム内の Direct3D リソースに対してレンダーターゲットビューを作成できるかどうかを示します。
MF_MT_D3D12_RESOURCE_FLAG_ALLOW_SIMULTANEOUS_ACCESS
ストリーム内の Direct3D リソースが複数の異なるコマンドキューによって同時にアクセスできるかどうかを示します。
MF_MT_D3D12_RESOURCE_FLAG_ALLOW_UNORDERED_ACCESS
メディアの種類に関連付けられているストリーム内の Direct3D リソースに対して、順序なしのアクセスビューを作成できるかどうかを示します。
MF_MT_D3D12_RESOURCE_FLAG_DENY_SHADER_RESOURCE
メディアの種類に関連付けられているストリーム内の Direct3D リソースに対して、シェーダーリソースビューの作成を許可しないかどうかを示します。
MF_MT_D3D12_TEXTURE_LAYOUT
関連する Direct3D リソースの作成に使用されたテクスチャレイアウトオプションを示します。
MF _ MT の _ 既定の _ ストライド
非圧縮ビデオメディアの種類の既定の画面のストライド。 Stride は、1行のピクセルから次の行に進むために必要なバイト数です。
MF _ MT の _ 深さの _ 測定
ビデオフレームの深度値の測定システムを定義する値。
MF _ MT _ 深度 _ 値の _ 単位
ビデオフレームの深度値の単位を定義する値。
MF _ MT _ DRM _ フラグ
ビデオメディアの種類がコピー防止の適用を必要とするかどうかを指定します。
MF _ MT _ DV _ aaux _ CTRL _ PACK _ 0
デジタルビデオ (DV) メディアタイプの最初のオーディオブロック用のオーディオ補助 (AAUX) ソース管理パック。
MF _ MT _ DV _ aaux _ CTRL _ PACK _ 1
デジタルビデオ (DV) メディアタイプの2番目のオーディオブロック用のオーディオ補助 (AAUX) ソース管理パック。
MF _ MT _ DV _ aaux _ SRC _ PACK _ 0
デジタルビデオ (DV) メディアタイプの最初のオーディオブロックのオーディオ補助 (AAUX) ソースパック。
MF _ MT _ DV _ aaux _ SRC _ PACK _ 1
デジタルビデオ (DV) メディアタイプの2番目のオーディオブロックのオーディオ補助 (AAUX) ソースパック。
MF _ MT _ DV _ VAUX _ CTRL _ パック
デジタルビデオ (DV) メディアタイプのビデオ補助 (VAUX) ソース管理パック。
MF _ MT _ DV _ VAUX _ SRC _ PACK
デジタルビデオ (DV) メディアタイプのビデオ補助 (VAUX) ソースパック。
MF _ MT の _ 固定 _ サイズの _ サンプル
サンプルが固定サイズかどうかをメディアの種類ごとに指定します。
MF _ MT _ FORWARD _ カスタム _ NALU
ネットワークアブストラクションレイヤー (NAL) のユニットの種類を、デコーダーによって出力サンプルで転送する必要があることを指定します。
MF _ MT _ FORWARD _ カスタム _ SEI
デコーダーによって、補足拡張情報 (SEI) のユニットの種類を出力サンプルで転送する必要があることを指定します。
MF _ MT _ フレーム _ レート
ビデオメディアタイプのフレームレート (1 秒あたりのフレーム数)。
MF _ MT _ フレーム _ レートの _ 範囲の _ 最大値
ビデオキャプチャデバイスでサポートされている最大フレームレート (1 秒あたりのフレーム数)。
MF _ MT _ フレーム _ レートの _ 範囲の _ 最小値
ビデオキャプチャデバイスでサポートされている最小フレームレート (1 秒あたりのフレーム数)。
MF _ MT _ フレーム _ サイズ
ビデオフレームの幅と高さ (ピクセル単位)。
MF _ MT _ FRAMESOURCE の _ 種類
色、赤外線、深度など、フレームソースによって提供されるセンサーの種類を示す値。
MF _ MT _ 幾何学的 _ 絞り
ビデオメディアの種類の幾何学的なアパーチャを定義します。
MF _ MT _ H264 の _ 機能
H.264 ビデオストリームの機能フラグを指定します。
MF _ MT _ H264 の _ 最大 _ コーデック _ 構成 _ 遅延
H.264 エンコーダーがコマンドに応答するために必要なフレームの最大数。
MF _ MT _ H264 _ の _ _ 1 _ 秒あたりの最大 MB 数
H.264 ビデオストリームの最大マクロブロック処理率を指定します。
MF _ MT _ H264 _ RATE _ 制御 _ モード
H.264 ビデオストリームのレート制御モードを指定します。
MF _ MT _ H264 _ SIMULCAST の _ サポート
ストリーミングエンドポイントの数と、UVC のエンコーダーでサポートされているストリームの数を指定します。
MF _ MT _ H264 で _ サポートされている _ レート _ 制御 _ モード
H.264 ビデオストリームに対してサポートされているレート管理モードを指定します。
MF _ MT _ H264 が _ サポートする _ スライス _ モード
H.264 ビデオストリームでサポートされているスライスモードを指定します。
MF _ MT _ H264 で _ サポートされている _ 同期 _ フレームの _ 種類
H.264 ビデオストリームでサポートされている同期フレームの種類を指定します。
MF _ MT _ H264 の _ サポートされている _ 使用方法
H.264 ビデオストリームでサポートされている使用モードを指定します。
MF _ MT _ H264 _ SVC の _ 機能
H.264 ビデオストリームの SVC 機能を指定します。
MF _ MT _ H264 の _ 使用状況
UVC h.264 エンコーダーの使用モードを指定します。
MF _ MT _ イメージ _ 損失 _ トレラント
ASF イメージストリームが degradable JPEG 型であるかどうかを指定します。
MF _ MT _ インターレース _ モード
ビデオメディアタイプのフレームがどのようにインターレースされるかを説明します。
MF _ MT _ メジャーの _ 種類
メディアの種類のメジャーの種類の GUID。
MF _ MT の _ 最大 _ キーフレーム _ 間隔
1つのキーフレームから次のフレームの最大数 (ビデオメディアの種類)。
MF _ MT の _ 最大 _ 輝度 _ レベル
Nits のコンテンツの最大輝度レベルを指定します。 この属性は、CEA-861.3 標準で定義されている Maxcll と同じセマンティクスを持ちます。
MF _ MT の _ 最大 _ フレーム _ 平均 _ 輝度 _ レベル
Nits のコンテンツの、フレームごとの平均の輝度レベルを指定します。 この属性は、CEA-861.3 標準で定義されている Maxfall と同じセマンティクスを持ちます。
MF _ MT の _ 最大 _ マスタリングの _ 輝度
Nits で、コンテンツが作成されたディスプレイの最大輝度を指定します。 この属性は、CEA-861.3 標準で定義されている 最大 _ 表示 _ マスタ _ 輝度 と同じセマンティクスを持ちます。
MF _ MT _ MIN _ マスタリングの _ 輝度
Nits で、コンテンツが作成されたディスプレイの最大輝度を指定します。 この属性には、CEA-861.3 標準で定義されている min _ display _ マスタ _ 輝度 と同じセマンティクスがあります。
MF _ MT _ 最小 _ ディスプレイ _ 絞り
有効な画像データを含むビデオフレームの領域であるディスプレイのアパーチャを定義します。
MF _ MT _ MPEG _ シーケンス _ ヘッダー
ビデオメディアの種類の MPEG-2 または MPEG-2 シーケンスヘッダーが含まれています。
MF _ MT _ MPEG _ 開始 _ 時間 _ コード
MPEG-1 または MPEG-2 ビデオメディアの種類に対応する、画像のグループ (GOP) の開始時刻コード。
MF _ MT _ MPEG2 _ コンテンツ _ パケット属性
MPEG-2 トランスポートストリーム (TS) を記述するメディアの種類については、トランスポートパケットにコンテンツパケットヘッダーを含めるかどうかを指定します。
MF _ MT _ MPEG2 _ フラグ
MPEG-2 ビデオメディアの種類のその他のフラグが含まれています。
MF _ MT _ MPEG2 _ レベル
ビデオメディアの種類に MPEG 2 または h.264 レベルを指定します。
MF _ MT _ MPEG2 _ プロファイル
ビデオメディアの種類で MPEG-2 または h.264 プロファイルを指定します。
MF _ MT _ MPEG2 _ STANDARD 属性
MPEG-2 プログラムストリーム (PS) またはトランスポートストリーム (TS) を記述するメディアの種類については、でストリームの多重化に使用される標準を指定します。
MF _ MT _ MPEG2 _ タイムコード属性
MPEG-2 トランスポートストリーム (TS) を記述するメディアの種類については、トランスポートパケットに4バイトの時間コードを含めるように指定します。
MF _ MT _ Mpeg4-ra _ の現在の _ サンプル _ エントリ
MPEG 4 メディアタイプの [サンプルの説明] ボックスに現在のエントリを指定します。
MF _ MT _ Mpeg4-ra の _ サンプルの _ 説明
MP4 ファイルまたは3GP ファイルの [説明] ボックスの例が含まれています。
MF _ MT _ ORIGINAL _ 4CC
ビデオストリームの元のコーデック FOURCC を格納します。
MF _ MT の _ 元の _ WAVE _ 形式 _ タグ
オーディオストリームの元の WAVE 形式タグを格納します。
MF _ MT _ PAD _ 制御 _ フラグ
ビデオメディアの種類の出力四角形の縦横比を指定します。
MF _ MT _ パレット
ビデオメディアの種類のパレットエントリが含まれています。 この属性は、RGB 8 などのパレットビデオ形式に使用します。
MF _ MT _ パン _ スキャンの _ アパーチャ
パン/スキャンモードで表示する必要があるビデオの 4 3 領域である、パン/スキャンのアパーチャを定義します。
MF _ MT _ パン _ スキャンが _ 有効
パン/スキャンモードを有効にするかどうかを指定します。
MF _ MT _ ピクセルの _ 縦横 _ 比
ビデオメディアの種類のピクセル縦横比。
MF _ MT _ サンプル _ サイズ
メディアの種類の各サンプルのサイズをバイト単位で指定します。
MF _ MT _ ソース _ コンテンツ _ ヒント
ビデオメディアの種類に対して想定される縦横比について説明します。
MF _ MT _ 空間 _ オーディオ _ 最大 _ 動的 _ オブジェクト
オーディオエンドポイント simulataneously によってレンダリングできる動的オーディオオブジェクトの最大数を指定します。
MF _ MT _ 空間 _ オーディオ _ オブジェクト _ メタデータ _ 形式 _ ID
空間オーディオメタデータ形式を識別し、デコーダーによって出力されるメタデータオブジェクト型の下流コンポーネントに通知する、デコーダーで定義された GUID。
MF _ MT _ 空間 _ オーディオ _ オブジェクト _ メタデータの _ 長さ
デコーダーが出力する空間オーディオメタデータオブジェクトの種類のサイズ (バイト単位) を指定する値。
MF _ MT _ サブタイプ
メディアの種類のサブタイプの GUID。
MF _ MT _ タイム _ スタンプ _ は _ DTS 属性にすることができます
タイムスタンプを設定するときにデコーダーがデコードタイムスタンプ (DTS) を使用できるかどうかを指定します。
MF _ MT _ TRANSFER _ 関数
ビデオメディアの種類に対して、RGB から R'G'B への変換関数を指定します。
MF _ MT _ ユーザー _ データ
メディアの種類の追加のフォーマットデータを格納します。
MF _ MT _ VIDEO _ 3d
ビデオストリームに3D コンテンツが含まれるかどうかを指定します。
MF _ MT _ VIDEO _ _ の最初 _ の _ 3d
3D ビデオ形式の場合は、どのビューが左側のビューであるかを指定します。
MF _ MT _ VIDEO _ 3d _ 形式
ビデオメディアの種類の場合、3D ビデオフレームをメモリに格納する方法を指定します。
MF _ MT _ VIDEO _ 3d _ LEFT _ は _ ベース
3D ビデオ形式の場合は、どのビューが基本ビューであるかを指定します。
MF _ MT _ ビデオ _ 3d _ NUM _ ビュー
3D ビデオシーケンス内のビューの数。
MF _ MT _ ビデオ _ クロマ _ サイト設定
Y' Cb' というビデオメディアの種類に対してクロマがサンプリングされた方法について説明します。
MF _ MT _ ビデオ _ レベル
ビデオメディアの種類に MPEG 2 または h.264 レベルを指定します。 これは、 MF _ MT _ MPEG2 _ レベルのエイリアスです。
MF _ MT _ ビデオ _ 照明
ビデオ メディアの種類に最適な照明条件を指定します。
MF _ MT _ ビデオ _ の標準 _ 範囲
ビデオ メディアの種類の色情報の標準範囲を指定します。
MF _ MT _ VIDEO _ プライマリ
ビデオ メディアの種類の色のプライマリを指定します。
MF _ MT _ ビデオ _ プロファイル
出力メディアの種類でのビデオ エンコードのプロファイルを指定します。 これは 、MF MT _ _ MPEG2 _ PROFILE 属性の別名 です。
MF _ MT _ ビデオ _ レンダラー _ 拡張機能 _ プロファイル
読み込む効果を選択する UWP アプリ マニフェストの VideoRendererExtensionProfiles リスト内のエントリと一致する文字列が含まれます。
MF _ MT _ ビデオ _ ローテーション
反時計回りの方向でのビデオ フレームの回転を指定します。
MF _ MT _ WRAPPED _ TYPE
別のメディアの種類にラップされているメディアの種類を格納します。
MF _ MT _ YUV _ MATRIX
YUV メディアの種類の場合、 は、Y'Cb'Cr' の色空間から R'G'B' の色空間への変換行列を定義します。
MF _ NALU _ の長 _ さの情報
サンプル内の NALUs の長さを示します。 これは、圧縮された 入力 サンプルで H.264 デコーダーに設定された MF BLOB です。
MF _ NALU _ LENGTH _ SET
圧縮された H.264 サンプルごとに、NALU の長さの情報が BLOB として送信されます。
MF _ PD _ アプリ _ コンテキスト
プロテクト メディア パス (PMP) からのプレゼンテーション記述子へのポインターを格納します。
MF _ PD _ ASF _ CODECLIST
ASF (Advanced Systems Format) ファイルでコンテンツをエンコードするために使用されたコーデックと形式に関する情報を格納します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている ASF ヘッダーのコーデック リスト オブジェクトに対応します。
MF _ PD _ ASF _ CONTENTENCRYPTION _ KEYID
ASF (Encrypted Advanced Systems Format) ファイルのキー識別子を指定します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている Content Encryption ヘッダーの [キー ID] フィールドに対応します。
MF _ PD _ ASF _ CONTENTENCRYPTION _ LICENSE _ URL
暗号化されたアプリケーション (ASF) ファイルのAdvanced Systems Format取得 URL を指定します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている Content Encryption ヘッダーの [ライセンス URL] フィールドに対応します。
MF _ PD _ ASF _ CONTENTENCRYPTION _ SECRET _ DATA
暗号化されたファイル (ASF) ファイルAdvanced Systems Formatシークレット データを格納します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている Content Encryption ヘッダーの [シークレット データ] フィールドに対応します。
MF _ PD _ ASF _ CONTENTENCRYPTION _ TYPE
アプリケーション (ASF) ファイルで使用される保護Advanced Systems Formatの種類を指定します。
MF _ PD _ ASF _ CONTENTENCRYPTIONEX _ ENCRYPTION _ DATA
ASF (Advanced Systems Formatファイルの暗号化データを格納します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている ASF ヘッダーの拡張コンテンツ暗号化オブジェクトに対応します。
MF _ PD _ ASF _ データ _ 長
データ ファイル (ASF) ファイルのデータ セクションのサイズをバイトAdvanced Systems Format指定します。
MF _ PD _ ASF _ データ _ 開始 _ オフセット
メモリ (ASF) ファイルの開始から最初のデータ パケットのAdvanced Systems Formatオフセットをバイト単位で指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ の _ 作成時刻
アプリケーション ファイル (ASF) が作成Advanced Systems Format日時を指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ ファイル _ ID
アプリケーション (ASF) ファイルのAdvanced Systems Format識別子を指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ FLAGS
アプリケーション (ASF) Advanced Systems Formatブロードキャストまたはシーク可能かどうかを指定します。 この値は、ASF 仕様で定義されているファイル プロパティ オブジェクトの Flags フィールドに対応します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ MAX _ BITRATE
ASF (1 秒あたりのビット数) ファイルの最大瞬時ビット レートをAdvanced Systems Format指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ MAX _ PACKET _ SIZE
メモリ (ASF) ファイルの最大パケット Advanced Systems Formatバイト単位で指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ 最小パケット _ _ サイズ
メモリ (ASF) ファイルの最小パケット サイズをバイトAdvanced Systems Format指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ パケット
データ ファイル (ASF) ファイルのデータ セクションAdvanced Systems Format数を指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ PLAY _ DURATION
100 ナノ秒単位でAdvanced Systems Format (ASF) ファイルを再生するために必要な時間を指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ PREROLL
メモリ (ASF) ファイルを再生する前にデータをバッファーする時間 (ミリ秒単位) Advanced Systems Format指定します。
MF _ PD _ ASF _ FILEPROPERTIES _ SEND _ DURATION
ASF ファイルを送信するために必要な時間を 100 ナノ秒単位Advanced Systems Format指定します。 パケットの送信 時間は、 ネットワークを通してパケットを配信する必要がある時刻です。 パケットのプレゼンテーション時間ではありません。
MF _ PD _ ASF INFO _ に _ オーディオ _ がある
アプリケーション (ASF) Advanced Systems Formatにオーディオ ストリームが含まれるかどうかを指定します。
MF _ PD _ ASF INFO _ _ にオーディオ _ 以外の _ _ ビデオがある
オーディオまたはビデオではないストリームAdvanced Systems Format (ASF) ファイルに含まれるかどうかを指定します。
MF _ PD _ ASF INFO _ の _ _ ビデオ
1 つのファイル (ASF) Advanced Systems Format少なくとも 1 つのビデオ ストリームが含まれているかどうかを指定します。
MF _ PD _ ASF _ LANGLIST
ASF ファイルに含まれる言語を指定する言語識別子の一覧Advanced Systems Format指定します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている言語リスト オブジェクトに対応します。
MF _ PD _ ASF _ LANGLIST _ LEGACYORDER
現在のプレゼンテーションで使用されている RFC 1766 言語の一覧が含まれている。
MF _ PD _ ASF _ マーカー
パラメーター (ASF) ファイル内Advanced Systems Formatを指定します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている ASF ヘッダーの Marker オブジェクトに対応します。
MF _ PD _ ASF _ メタデータは _ _ VBR
ASF (Advanced Systems Format) ファイルで可変ビット レート (VBR) エンコードを使用するかどうかを指定します。
MF _ PD _ ASF _ METADATA _ LEAKY _ BUCKET _ PAIRS
可変ビット レート (VBR) ファイル (ASF) ファイルのビット レートと対応するバッファー ウィンドウAdvanced Systems Format指定します。
MF _ PD _ ASF _ METADATA _ V8 _ BUFFERAVERAGE
可変ビット レート (VBR) ファイル (ASF) ファイルに必要な平均バッファー Advanced Systems Formatを指定します。
MF _ PD _ ASF _ METADATA _ V8 _ VBRPEAK
可変ビット レート (VBR) ファイル (ASF) ファイルで最も高いAdvanced Systems Formatビット レートを指定します。
MF _ PD _ ASF _ スクリプト
スクリプト コマンドの一覧と、ASF (Advanced Systems Formatパラメーターを指定します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている ASF ヘッダーのスクリプト コマンド オブジェクトに対応します。
MF _ PD オーディオ エンコード _ _ _ ビットレート
プレゼンテーションのオーディオ エンコード ビット レートをビット/秒で指定します。 この属性は、プレゼンテーション記述子に適用されます。
MF _ PD _ AUDIO _ ISVARIABLEBITRATE
プレゼンテーション内のオーディオ ストリームのビット レートを可変にするかどうかを指定します。
MF _ PD _ DURATION
プレゼンテーションの継続時間を 100 ナノ秒単位で指定します。
MF _ PD _ 最終 _ _ 変更時刻
プレゼンテーションが最後に変更された日時を指定します。
MF _ PD _ MIME _ TYPE
コンテンツの MIME の種類を指定します。
MF _ PD _ 再生 _ 境界 _ 時間
メディア ソースの開始を基準として、プレゼンテーションの開始時刻 (100 ナノ秒単位) を格納します。
MF _ PD _ 再生要素 _ _ ID
プレゼンテーション内のプレイリスト要素の識別子を格納します。
MF _ PD _ PMPHOST _ CONTEXT
アプリケーションのプレゼンテーション記述子のプロキシ オブジェクトへのポインターを格納します。
MF _ PD _ 優先 _ 言語
メディア ソースの推奨される RFC 1766 言語が含まれます。
MF _ PD _ SAMI _ STYLELIST
SAMI ファイルで定義されている Synchronized Accessible Media Interchange (SAMI) スタイルの表示名が含まれています。
MF _ PD _ の合計 _ ファイル _ サイズ
ソース ファイルの合計サイズをバイト単位で指定します。 この属性は、プレゼンテーション記述子に適用されます。 メディア ソースは、必要に応じてこの属性を設定できます。
MF _ PD ビデオ エンコード _ _ _ ビットレート
プレゼンテーションのビデオ エンコード ビット レートをビット/秒で指定します。 この属性は、プレゼンテーション記述子に適用されます。
MF _ READWRITE _ D3D _ 省略可能
アプリケーションがソース リーダーまたはシンク ライター で Microsoft Direct3D サポートを必要するかどうかを指定します
MF _ READWRITE _ DISABLE _ CONVERTERS
ソース リーダーまたはシンク ライターによる書式変換を有効または無効にします。
MF _ READWRITE _ ハードウェア _ 変換 _ を有効にする
ソース リーダーまたはシンク ライターが、ハードウェア ベースの変換 (MFT) メディア ファンデーション使用できます。
MF _ READWRITE _ MMCSS _ クラス
ソース リーダー またはシンク ライターの マルチメディア クラス スケジューラ サービス (MMCSS) クラスを指定します。
MF _ READWRITE _ MMCSS _ クラス _ オーディオ
ソース リーダーまたは シンク ライターの オーディオ処理スレッドのマルチメディア クラス スケジューラ サービス (MMCSS) クラスを指定します。
MF _ READWRITE _ MMCSS _ PRIORITY
ソース リーダーまたはシンク ライターの基本スレッドの優先度を設定します。
MF _ READWRITE _ MMCSS _ PRIORITY _ AUDIO
ソース リーダーまたはシンク ライターによって作成されるオーディオ処理スレッドの基本優先度を設定します。
MF _ SA _ D3D ディスプレイ _ 可能リソース _ の割り当 _ て
MFT の Sample Allocator (SA) が、基になる Direct3D テクスチャを割り当てる必要がある場合に、このフラグを使用D3D11_RESOURCE_MISC_SHARED_DISPLAYABLEします。
サンプルあたりの MF _ SA _ _ _ バッファー数
ビデオ サンプル アロケーターがビデオ サンプルごとに作成するバッファーの数を指定します。
MF _ SA _ D3D _ AWARE
変換 (MFT) メディア ファンデーション DirectX Video Acceleration (DXVA) をサポートするかどうかを指定します。 この属性は、ビデオの MFT にのみ適用されます。
MF _ SA _ D3D11 _ AWARE
変換 (MFT) メディア ファンデーション Microsoft Direct3D 11 をサポートするかどうかを指定します。
MF _ SA _ D3D11 _ BINDFLAGS
メディア サンプルに Direct3D 11 サーフェスを割り当てるときに使用するバインド フラグを指定します。
MF _ SA _ D3D11 _ SHARED
keyed-mutex を使用して共有可能なテクスチャを作成するビデオ サンプル アロケーターを示します。
MF _ SA _ D3D11 _ 共有 _ ( _ ミューテックスなし)
レガシ メカニズムを使用して共有可能なテクスチャを作成するビデオ サンプル アロケーターを示します。
MF _ SA _ D3D11 _ USAGE
メディア サンプルに Direct3D 11 サーフェスを割り当てる方法を指定します。
MF_SA_D3D12_CLEAR_VALUE
ストリーム内の Direct3D リソースのクリア操作を最適化するために使用される情報を含む BLOB が含まれます。
MF_SA_D3D12_HEAP_FLAGS
ストリーム内の Direct3D リソースに使用されるヒープ オプションを指定する値を格納します。
MF_SA_D3D12_HEAP_TYPE
ストリーム内の Direct3D リソースに使用されるヒープの種類を指定する値を格納します。
MF _ SA _ の最小 _ 出力 _ サンプル _ 数
変換 (MFT) がパイプラインでメディア ファンデーション持つ出力サンプルの最大数を指定します。
MF _ SA _ 最小 _ 出力 _ サンプル _ _ 数プログレッシブ
変換 (MFT) が任意の時点でメディア ファンデーション許容するプログレッシブ サンプルの最小数を示します。
MF _ SA _ 必須 _ サンプル _ 数
拡張ビデオ レンダラー (EVR) メディア シンクがインターレース解除に必要とする非圧縮バッファーの数を示します。
MF _ SA _ REQUIRED _ SAMPLE _ COUNT _ PROGRESSIVE
変換 (MFT) がプログレッシブ コンテンツメディア ファンデーション割り当てる必要があるサンプルの数を示します。
MF _ SAMPLEGRABBERSINK _ IGNORE _ CLOCK
sample-grabber シンクがプレゼンテーション クロックを使用してサンプルをスケジュールするかどうかを指定します。
MF _ SAMPLEGRABBERSINK _ サンプル _ 時間 _ オフセット
サンプル グラバーによって受信された各サンプルのタイム スタンプと、サンプル グラバーがサンプルを提示する時刻との間のオフセット。
MF _ SD _ ASF _ EXTSTRMPROP _ AVG _ BUFFERSIZE
メモリ (ASF) ファイル内のストリームに必要な平均バッファー サイズをバイトAdvanced Systems Format指定します。
MF _ SD _ ASF _ EXTSTRMPROP _ AVG _ DATA _ BITRATE
データ ビット (ASF) ファイル内のストリームの平均データ ビット レートを 1 秒あたりのビットAdvanced Systems Format指定します。
MF _ SD _ ASF _ EXTSTRMPROP _ LANGUAGE _ ID _ INDEX
ASF ファイル内のストリームで使用Advanced Systems Formatを指定します。
MF _ SD _ ASF _ EXTSTRMPROP _ MAX _ BUFFERSIZE
メモリ (ASF) ファイル内のストリームに必要な最大バッファー Advanced Systems Formatバイト単位で指定します。
MF _ SD _ ASF _ EXTSTRMPROP _ MAX _ DATA _ BITRATE
データ ビット (ASF) ファイル内のストリームの最大データ ビット レート (ビット/秒) Advanced Systems Format指定します。
MF _ SD _ ASF _ METADATA _ DEVICE _ CONFORMANCE _ TEMPLATE
ストリーム (ASF) ファイル内のストリームのデバイスAdvanced Systems Formatを指定します。
MF _ SD _ ASF _ STREAMBITRATES _ ビットレート
ASF (Advanced Systems Format) ファイル内のストリームのビット/秒の平均ビット レートを指定します。 この属性は、ASF 仕様で定義されている Stream Bitrate Properties オブジェクトに対応します。
MF _ SD _ LANGUAGE
ストリームの言語を指定します。
MF _ SD _ 相互 _ 排他的
ストリームが同じ種類の他のストリームと相互に排他的かどうかを指定します。
MF _ SD _ PROTECTED
ストリームに保護されたコンテンツが含まれているかどうかを示します。
MF _ SD _ SAMI _ LANGUAGE
ストリームに対して定義されている Synchronized Accessible Media Interchange (SAMI) 言語名を格納します。
この属性は、SAMI メディア ソースから返されるストリーム記述子に存在します。
MF _ SD _ ストリーム _ 名
ストリームの名前を格納します。
MF _ SENSORSTREAM _ REQUIRED _ SDDL
この属性は、特定のセンサーに対してきめ細かいアクセス権を指定するために、ストリームでセキュリティ記述子定義言語 (SDDL) を指定するために使用されます。
MF _ SENSORSTREAM _ に必要 _ な機能
この属性には、特定のストリームに必要な機能を指定する機能文字列のセミコロン区切りのリストが含まれています。 この属性に含まれる機能文字列の一覧については 、「DeviceCapability 」を参照してください
MF _ セッション _ のイベント _ 発生 _ _ 時間が約
メディア セッションがイベントを発生したおおよその時間。
MF _ SESSION _ CONTENT _ PROTECTION _ MANAGER
アプリケーションがプロテクト メディア パス (PMP) セッションからコンテンツ 有効化オブジェクトを受信するためのコールバック インターフェイスを提供します。
MF _ SESSION _ GLOBAL _ TIME
トポロジにグローバルな開始時刻と停止時間を設定するかどうかを指定します。
MF _ SESSION _ QUALITY _ MANAGER
メディア セッションの品質マネージャーの CLSID を格納します。
MF _ セッション _ リモート ソース _ _ モード
メディア ソースがリモート プロセスで作成される場合に指定します。
MF _ セッション _ サーバー _ コンテキスト
メディア セッションの 2 つのインスタンスで、同じ保護メディア パス (PMP) プロセスを共有できます。
MF _ SESSION _ TOPOLOADER
メディア セッションのトポロジ ローダーの CLSID を格納します。
MF _ シンク _ ライター _ ASYNC _ コールバック
シンク ライターのアプリケーションのコールバック インターフェイスへのポインターを格納します。
MF _ SINK _ WRITER _ D3D _ MANAGER
シンク ライター の DXGI デバイス マネージャーへのポインターを 格納します
MF _ シンク ライター _ の _ 調整 _ の無効化
シンク ライターが受信データの速度を制限するかどうかを指定します。
MF _ シンク _ ライター _ エンコーダー _ の構成
エンコード プロパティを持つプロパティ ストアへのポインターを格納します。
MF _ ソース _ リーダー _ の非同期 _ コールバック
ソース リーダー のアプリケーションのコールバック インターフェイスへのポインターを 格納します
MF _ ソース _ リーダー _ D3D _ MANAGER
ソース リーダー の Microsoft Direct3D デバイス マネージャーへのポインターを 格納します
MF _ ソース リーダー _ _ がカメラ _ プラグイン _ を無効にする
ソース リーダー による後処理カメラ プラグインの使用を 無効にします
MF _ ソース リーダー _ の _ _ DXVA の無効化
ソース リーダーがビデオ デコーダ で DirectX Video Acceleration (DXVA) を有効にするかどうかを指定します。
MF _ ソース リーダー _ の _ シャットダウン時 _ に MEDIASOURCE _ を切断 _ する
ソース リーダーがメディア ソースを シャットダウンするかどうかを指定します。
MF _ ソース リーダー _ : _ 高度な _ ビデオ処理 _ を _ 有効にする
ソース リーダーによる高度なビデオ 処理(色空間変換、インターレース解除、ビデオのサイズ変更、フレームレート変換など) を有効にできます。
MF _ ソース リーダー _ _ の変換 _ のみを有効 _ _ にする変換を有効にする
トランスコード 用に最適化 されたメディア ファンデーション変換 (MFT) をソース リーダーが使用できます。
MF _ ソース リーダー _ による _ ビデオ _ 処理の _ 有効化
ソース リーダー によるビデオ処理 を有効にする
MF _ ソース _ リーダーの _ MEDIASOURCE _ の特性
ソース リーダー からメディア ソースの特性を 取得します
MF _ ソース リーダー _ _ MEDIASOURCE _ CONFIG
ソース リーダー の構成プロパティを 格納します
MF ソース _ ストリーム _ では _ _ 、HW 接続がサポート _ されます
メディア ソースがハードウェア データ フローをサポートするかどうかを示します。
MF _ STF _ バージョン _ の日付
この属性には、センサー 変換ファクトリ の日付/時刻スタンプを表す FILETIME が格納されます。
MF _ STF _ バージョン _ 情報
この属性は、バージョン情報センサー変換ファクトリを表します。 これは、センサー変換に必要な唯一の属性です。 値はセンサー変換開発者によって定義され、メディア パイプラインによって不透明として扱います。
MF _ STREAM _ SINK では _ _ 、HW 接続がサポート _ されます
メディア シンクがハードウェア データ フローをサポートするかどうかを示します。
MF _ STREAM _ SINK ではローテーション _ がサポート _ されます
ストリーム シンクがビデオの回転をサポートするかどうかを示します。
MF _ トポロジ _ DXVA _ モード
トポロジ ローダーがトポロジで Microsoft DirectX Video Acceleration (DXVA) を有効にするかどうかを指定します。
MF _ トポロジの _ 動的 _ 変更 _ _ は許可されません
ストリームの形式が変更された場合に、メディア セッションがトポロジの変更を試みるかどうかを指定します。
ソース _ の種類 _ を列挙 _ する _ MF トポロジ
トポロジ ローダーがメディア ソースによって提供されるメディアの種類を列挙するかどうかを指定します。
MF _ トポロジ _ ハードウェア _ モード
ハードウェア ベースの変換 (メディア ファンデーション) をトポロジに読み込むかどうかを指定します。
MF _ トポロジ _ NO _ MARKIN _ MARKOUT
パイプラインがサンプルをトリミングするかどうかを指定します。
MF _ トポロジ _ 再生 _ フレームレート
モニターの更新レートを指定します。
MF _ トポロジ _ 再生 _ の _ 最大 DIMS
ビデオ再生の宛先ウィンドウのサイズを指定します。
MF _ トポロジ _ プロジェクトの開始
シーケンス内の最初のトポロジの開始位置を基準として、トポロジの停止時間を指定します。
MF _ トポロジ _ プロジェクトTOP
シーケンス内の最初のトポロジの開始位置を基準として、トポロジの開始時刻を指定します。
MF _ トポロジの _ 解決 _ 状態
トポロジを解決する試行の状態を指定します。
プレゼンテーション スイッチでの MF _ _ _ _ トポロジ _ の _ 開始時刻
最初のプレゼンテーションの後にキューに入るプレゼンテーションの開始時刻を指定します。
MF _ トポロジの _ 静的 _ 再生 _ の最適化
ビデオ パイプラインで静的最適化を有効にします。
MF _ TOPONODE _ CONNECT _ メソッド
トポロジ ローダーでこのトポロジ ノードを接続する方法と、このノードが省略可能かどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ D3DAWARE
トポロジ ノードに関連付けられている変換が DirectX Video Acceleration (DXVA) をサポートするかどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ デコーダー
トポロジ ノードの基になるオブジェクトがデコーダーかどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ DECRYPTOR
toplogy ノードの基になるオブジェクトが復号化者かどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ DISABLE _ PREROLL
メディア セッションで、このトポロジ ノードによって表されるメディア シンクのプリロールを使用するかどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ DISCARDABLE
パイプラインがトポロジ ノードからサンプルを削除できるかどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ DRAIN
変換がドレインされる時間を指定します。
MF _ TOPONODE _ ERROR _ MAJORTYPE
トポロジ ノードのメジャー メディアの種類を格納します。 この属性は、正しいデコーダーが見つからなかったため、トポロジの読み込みに失敗した場合に設定されます。
MF _ TOPONODE _ エラー _ サブタイプ
トポロジ ノードのメディア サブタイプを格納します。 この属性は、正しいデコーダーが見つからなかったため、トポロジの読み込みに失敗した場合に設定されます。
MF _ TOPONODE _ ERRORCODE
この toplogy ノードの最新の接続エラーのエラー コードを格納します。
MF _ TOPONODE _ FLUSH
変換がフラッシュされる時間を指定します。
MF _ TOPONODE _ LOCKED
このトポロジ ノードでメディアの種類を変更できるかどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ MARKIN _ HERE
パイプラインがこのノードでマークインを適用するかどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ MARKOUT _ HERE
パイプラインがこのノードにマークアウトを適用するかどうかを指定します。 マークアウトは、プレゼンテーションが終了するポイントです。 パイプライン コンポーネントがマークアウト ポイントを越えたデータを生成する場合、データはレンダリングされません。
MF _ TOPONODE _ MEDIASTART
プレゼンテーションの開始時刻を指定します。
MF _ TOPONODE _ MEDIASTOP
プレゼンテーションの停止時刻を指定します。
MF _ TOPONODE _ NOSHUTDOWN _ ON _ REMOVE
メディア セッションがトポロジ内のオブジェクトをシャットダウンする方法を指定します。
MF _ TOPONODE _ プレゼンテーション _ 記述子
メディア ソースのプレゼンテーション記述子へのポインターを格納します。
MF _ TOPONODE _ PRIMARYOUTPUT
tee ノードのプライマリ出力である出力を示します。
MF _ TOPONODE _ RATELESS
このトポロジ ノードに関連付けられているメディア シンクがレートレスかどうかを指定します。
MF _ TOPONODE _ SEQUENCE _ ELEMENTID
このソース ノードを含む要素を指定します。
MF _ TOPONODE _ SOURCE
トポロジ ノードに関連付けられているメディア ソースへのポインターを格納します。
MF _ TOPONODE _ ストリーム _ 記述子
メディア ソースのストリーム記述子へのポインターを格納します。
MF _ TOPONODE _ STREAMID
このトポロジ ノードに関連付けられているストリーム シンクのストリーム識別子。
MF _ TOPONODE _ TRANSFORM _ OBJECTID
このトポロジ ノードに関連付けられているメディア ファンデーション変換 (MFT) のクラス識別子 (CLSID)。
MF _ TOPONODE _ WORKQUEUE _ ID
トポロジ ブランチの作業キューを指定します。
MF _ TOPONODE _ WORKQUEUE _ ITEM _ PRIORITY
トポロジのブランチの作業項目の優先順位を指定します。
MF _ TOPONODE _ WORKQUEUE _ MMCSS _ クラス
トポロジ ブランチ のマルチメディア クラス スケジューラ サービス (MMCSS) タスクを指定します。
MF _ TOPONODE _ WORKQUEUE _ MMCSS _ PRIORITY
トポロジの分岐の相対スレッド優先度を指定します。
MF _ TOPONODE _ WORKQUEUE _ MMCSS _ TASKID
トポロジ ブランチのマルチメディア クラス スケジューラ サービス (MMCSS) タスク識別子を指定します。
MF _ トランスコード _ 調整 _ プロファイル
トランスコード トポロジのストリーム設定を定義するプロファイル フラグ。 フラグは 、MF _ TRANSCODE _ ADJUST PROFILE FLAGS 列挙 _ 体で _ 定義 されています。
MF _ TRANSCODE _ CONTAINERTYPE
エンコードされたファイルのコンテナーの種類を指定します。
MF _ トランスコード _ DONOT _ INSERT _ ENCODER
エンコーダーをトランスコード トポロジに含める必要があるかどうかを指定します。
MF _ トランスコード _ ENCODINGPROFILE
高度なストリーミング形式 (ASF) ファイルをエンコードするデバイス準拠プロファイルを指定します。
MF _ トランスコード _ QUALITYVSSPEED
エンコード品質とエンコード速度のトレードオフを示す 0 ~ 100 の数値を指定します。
MF _ トランスコードの _ メタデータ _ 転送 _ のスキップ
メタデータをトランスコードされたファイルに書き込むかどうかを指定します。
MF _ トランスコード _ トポロジモード
トポロジ ローダーがハードウェア ベースの変換を読み込むかどうかをトランスコード トポロジに指定します。
MF _ TRANSFORM _ ASYNC
変換 (MFT) メディア ファンデーション非同期処理を実行するかどうかを指定します。
MF _ TRANSFORM _ ASYNC _ UNLOCK
非同期変換変換 (MFTメディア ファンデーション使用できます。
MF _ TRANSFORM _ CATEGORY _ 属性
変換 (MFT) のメディア ファンデーションを指定します。
MF _ TRANSFORM _ FLAGS _ 属性
変換 (MFT) メディア ファンデーションのフラグを格納します。
MF _ ユーザー _ データ _ ペイロード
出力サンプルにユーザー データ ペイロードを含めるかどうかを設定します。
1 秒あたりの MF _ _ _ ビデオ _ _ の最大 MB
IMFTransformで、ハードウェア エンコーダーでサポートされるマクロ ブロックの最大処理速度 (1 秒あたりのマクロ ブロック数) を指定します。
MF _ ビデオ _ プロセッサ _ アルゴリズム
ビデオ プロセッサによって使用されるアルゴリズムを設定します。
MF _ VIDEODSP _ モード
MFT の処理モードを 設定Video Stabilizationします
MF _ VIRTUALCAMERA _ アプリ _ パッケージ _ のファミリ _ 名
仮想カメラ構成アプリケーションのアプリ パッケージ ファミリ名を指定します。
MF _ XVP 呼び出 _ し元が _ 出力を割り _ 当てる
呼び出し元が出力に使用するテクスチャを割り当てるかどうかを指定します。
MF _ XVP _ DISABLE _ FRC
ビデオ プロセッサ MFT でフレームレート 変換を無効にします
MFASFSPLITTER _ パケット _ 境界
バッファーに ASF (asF) パケットの開始Advanced Systems Format含めるかどうかを指定します。
MFPROTECTION _ ACP
アナログ コピー保護 (ACP) 保護を指定します。
MFPROTECTION _ CGMSA
コピー生成管理システム - A (CGMS-A) 保護を指定します。
MFPROTECTION _ CONSTRICTAUDIO
オーディオを制限する を指定します。
MFPROTECTION _ CONSTRICTVIDEO
ビデオを制限する を指定します。
MFPROTECTION _ CONSTRICTVIDEO _ NOOPM
この属性は、コネクタが出力保護を提供しない場合に、ビデオ出力信頼機関 (OTA) によって提供される追加の保護を指定します。
MFPROTECTION _ DISABLE
保護を無効に指定します。
MFPROTECTION _ DISABLE _ SCREEN _ SCRAPE
画面のスクレイピング保護を無効にします。
MFPROTECTION _ FFT
FFT 保護を指定します。
MFPROTECTION _ グラフィックス _ 転送 _ AES _ 暗号化
DXVA デコーダーの AES DXVA 暗号化を指定します。
MFPROTECTION _ HDCP
HDCP High-Bandwidth デジタル Content Protection (HDCP) 保護を指定します。
MFPROTECTION で _ 保護された _ サーフェイス
保護されたサーフェイスを指定します。
MFPROTECTION _ TRUSTEDAUDIODRIVERS
信頼されたオーディオドライバーを指定します。
MFPROTECTION の _ ビデオ _ フレーム
アプリケーションが非圧縮ビデオフレームへのアクセスを許可されるかどうかを指定します。
MFPROTECTION の _ WMDRMOTA
Windows Media Digital Rights Management (WMDRM) 出力信頼機関 (OTA) を指定します。
MFPROTECTIONATTRIBUTE の _ ベスト _ エフォート
Imfoutputschemaオブジェクトの属性として設定します。 この属性が存在する場合、保護を適用しようとして失敗した場合は無視されます。 関連付けられている属性値が TRUE の場合は、 mfprotectionattribute の _ フェール _ オーバー 属性を持つ保護スキーマを適用する必要があります。
MFPROTECTIONATTRIBUTE の _ フェール _ オーバー
ベストエフォートが失敗した場合に保護がこの状態にフェールオーバーするかどうかを示します。 この属性は、 Imfoutputschema オブジェクトで使用できます。
MFSampleExtension _ 3dvideo
メディアサンプルに3D ビデオフレームが含まれるかどうかを指定します。
MFSampleExtension _ 3dvideo _ sampleformat
メディアサンプルに3D ビデオフレームを格納する方法を指定します。
MFSampleExtension _ 一番下のフィールド
インターレースビデオフレームの優先されるフィールドを指定します。
MFSampleExtension _ CameraExtrinsics
サンプルのカメラ extrの ics を含みます。
MFSampleExtension _ CaptureMetadata
キャプチャパイプラインに関連するすべてのメタデータの Imfattributes ストア。
MFSampleExtension _ cleanpoint
サンプルがランダムアクセスポイントかどうかを示します。
MFSampleExtension _ コンテンツキー _ id
サンプルのキー ID を設定します。
MFSampleExtension _ DecodeTimestamp 属性
サンプルのデコードタイムスタンプ (DTS) を格納します。
MFSampleExtension _ DerivedFromTopField
Deinterlaced ビデオフレームが、上のフィールドまたは下部のフィールドから派生したものかどうかを指定します。
MFSampleExtension _ DeviceReferenceSystemTime
サンプルの元のデバイスのタイムスタンプを指定します。
MFSampleExtension _ devicetimestamp
デバイスドライバーのタイムスタンプを格納します。
MFSampleExtension _ 不連続性
メディアサンプルが、ストリーム内のギャップの後の最初のサンプルであるかどうかを指定します。
MFSampleExtension _ Encryption _ cryptbyteblock
サンプルベースのパターンの暗号化に使用する、暗号化されたバイトブロックサイズを指定します。
MFSampleExtension _ Encryption _ ハードウェア保護
メディアサンプルがハードウェアで保護されているかどうかを指定します。
MFSampleExtension _ 暗号化 _ protectionscheme
暗号化されたサンプルの保護スキームを指定します。
MFSampleExtension _ Encryption _ sampleid
暗号化されたサンプルの ID を指定します。
MFSampleExtension _ Encryption _ skipbyteblock
サンプルベースのパターン暗号化のクリア (暗号化されていない) バイトブロックサイズを指定します。
MFSampleExtension _ Encryption _ SubSampleMappingSplit
サンプルデータのクリアおよび暗号化されたバイトを示すサンプルのサブサンプルマッピングを設定します。
MFSampleExtension _ ForwardedDecodeUnits
デコーダーによって転送されたネットワークアブストラクションレイヤーユニット (NALUs) および補足拡張情報 (SEI) ユニット を含む imfcollection型のオブジェクトを取得します。
MFSampleExtension _ ForwardedDecodeUnitType
Mfsampleextension _ ForwardedDecodeUnits Collection の imfsampleにアタッチされている単位の型 nalu または SEI を指定します。
MFSampleExtension _ FrameCorruption
ビデオフレームが破損しているかどうかを指定します。
MFSampleExtension の _ インターレース
ビデオフレームがインターレースされているかプログレッシブであるかを示します。
MFSampleExtension _ longtermreferenceフレーム情報
Long Term Reference (LTR) フレーム情報を指定し、出力サンプルで返されます。
MFSampleExtension _ MeanAbsoluteDifference
この属性は、Y 平面内のすべてのマクロブロックにわたる平均絶対差 (MAD) を返します。
MFSampleExtension _ マルチプレクシング _ マネージャー
多重化されたメディアソースのサブストリームからサンプルのコレクションにアクセスするために使用される IMFMuxStreamSampleManager のインスタンスを提供します。
MFSampleExtension _ PacketCrossOffsets
保護されたサンプルのフレーム内のペイロード境界へのオフセットを指定します。
MFSampleExtension _ photothumbnail
Imfsampleの写真のサムネイルを格納します。
MFSampleExtension _ PhotoThumbnailMediaType
Mfsampleextension _ photothumbnail属性に含まれるイメージ形式の種類を記述する imfmediatypeを格納します。
MFSampleExtension _ PinholeCameraIntrinsics
サンプルの pinhole カメラの組み込みが含まれています。
MFSampleExtension _ repeatfirstfield
インターレースフレーム内の最初のフィールドを繰り返すかどうかを指定します。 この属性は、メディアサンプルに適用されます。
MFSampleExtension _ roirectangle
異なる品質を必要とするフレームの領域を示す、関心のある領域の境界を指定します。
MFSampleExtension _ singlefield
ビデオサンプルに1つのフィールドまたは2つのインターリーブフィールドが含まれるかどうかを指定します。 この属性は、メディアサンプルに適用されます。
MFSampleExtension _ TargetGlobalLuminance
関連付けられているビデオフレームの対象となるグローバルバックライトの輝度を指定する Nits の値。
MFSampleExtension _ トークン
Imfmediastream:: RequestSampleメソッドに提供されたトークンへのポインターを格納します。
MFSampleExtension _ VideoDSPMode
ビデオの安定化がビデオフレームに適用されたかどうかを示します。
MFSampleExtension _ VideoEncodePictureType
ビデオエンコーダーによって出力される画像の種類を指定します。
MFSampleExtension _ VideoEncodeQP
ビデオサンプルをエンコードするために使用された量子化パラメーター (QP) を指定します。
MFStreamExtension _ CameraExtrinsics
ストリームのカメラ extrの ics を含みます。
MFStreamExtension _ PinholeCameraIntrinsics
ストリームの pinhole カメラの組み込みを格納します。
MFT _ コーデックの _ 価値 _ 属性
ハードウェアコーデックの価値を格納します。
MFT _ 接続 _ ストリーム _ 属性
ハードウェア ベースの変換 (MFT) で接続されているストリームのストリーム属性メディア ファンデーション格納します。
HW ストリーム _ に _ 接続 _ された _ MFT
ハードウェア ベースの変換 (MFT) メディア ファンデーション MFT を別のハードウェア ベースの MFT に接続するかどうかを指定します。
MFT _ デコーダーは _ 、出力 _ の _ 種類をネイティブ _ な順序 _ で公開 _ します
デコーダーが他の形式の前に IYUV/I420 出力型を公開するかどうかを指定します (コード変換に適しています)。
MFT _ デコーダーの _ 最終的 _ なビデオ _ 解像度 _ のヒント
ビデオ処理後のデコードされたイメージの最終的な出力解像度を指定します。
MFT _ エンコーダーでは _ 、CONFIG _ イベントがサポート _ されます
MFT エンコーダーがストリーミング中の MEEncodingParameter イベントの受信をサポートします。
MFT _ 列挙 _ 型アダプター _ LUID
ビデオ アダプターの一意識別子を指定します。 MFTEnum2 を呼び出して、特定のアダプターに関連付けられている MFT を列挙する場合は、この属性を使用します。
MFT _ 列挙型 _ ハードウェア URL _ _ 属性
ハードウェア ベースの変換 (MFT) のシンボリック メディア ファンデーション含む。
MFT _ 列挙 _ 型ハードウェア ベンダー ID _ _ _ 属性
ハードウェア ベースのアプリケーションのベンダー ID を指定メディア ファンデーション
MFT _ 列挙 _ 型のトランスコード _ 専用 _ 属性
デコーダーを再生ではなくコード変換用に最適化するかどうかを指定します。
MFT _ 列挙型 _ ビデオ _ レンダラー _ 拡張機能 _ プロファイル
UWP アプリ マニフェスト ファイル の VideoRendererExtensionProfiles タグ内のすべての VideoRendererExtensionProfile エントリの一覧を格納します。 MFTEnumEx、VideoRendererExtensionProfiles タグを含む UWP マニフェストが関連付けられている MFT に対して MFTEnumEx によって作成される IMFActivateオブジェクトの属性ストアにこれを格納します。
MFT _ FIELDOFUSE _ UNLOCK _ 属性
IMFFieldOfUseMFTUnlockポインターが含まれている。これは、変換 (MFT) のロックを解除メディア ファンデーションに使用できます。 IMFFieldOfUseMFTUnlock インターフェイスは、使用フィールドの制限がある MFT のロックを解除するために使用されます。
MFT _ FRIENDLY _ NAME _ 属性
ハードウェア ベースの変換 (MFT) のメディア ファンデーションを格納します。
MFT _ HW TIMESTAMP WITH _ _ _ QPC _ 属性
ハードウェア デバイス ソースがタイム スタンプにシステム時刻を使用するかどうかを指定します。
MFT _ 入力 _ 型 _ の属性
変換 (MFT) に対して登録メディア ファンデーション型を格納します。
MFT _ OUTPUT _ TYPES _ 属性
変換 (MFT) に対して登録メディア ファンデーション出力の種類を格納します。
MFT _ 優先 _ エンコーダー _ プロファイル
エンコーダーの構成プロパティを格納します。
MFT _ PREFERRED _ OUTPUTTYPE _ 属性
エンコーダーの推奨出力形式を指定します。
MFT _ PROCESS _ LOCAL _ 属性
変換 (MFT) メディア ファンデーションアプリケーションのプロセスでのみ登録するかどうかを指定します。
MFT _ REMUX _ MARK _ I _ PICTURE _ AS _ CLEAN _ POINT
H.264 ビデオ remux MFT で I 画像をクリーン ポイントとしてマークしてシーク機能を向上するかどうかを指定します。 これにより、準拠していない最終的な MP4 ファイル内のシークが破損する可能性があります。
MFT _ サポート _ 3DVIDEO
3D ステレオメディア ファンデーション (MFT) が 3D ステレオピック ビデオをサポートするかどうかを指定します。
MFT サポート _ _ の動的 _ 形式の _ 変更
変換 (MFT) メディア ファンデーション形式の変更をサポートするかどうかを指定します。
MFT _ TRANSFORM _ CLSID _ 属性
変換 (MFT) のクラス識別子 (CLSID) メディア ファンデーション含む。
VIDEO _ ZOOM _ RECT
拡張ビデオ レンダラー (EVR) のビデオ ミキサーのソース 四角形を 指定します。 ソース四角形は、ミキサーがターゲット サーフェスに blit するビデオ フレームの部分です。

IMFAttributes

メディア ファンデーション属性