EVRConfig_ForceThrottle属性

拡張ビデオ レンダラー (EVR) で、GPU 帯域幅に合わせて出力を制限するように強制します。

データ型

UINT32

取得/設定

この属性を取得するには、 IMFAttributes::GetUINT32 を呼び出します。

この属性を設定するには、 IMFAttributes::SetUINT32 を呼び出します。

解説

この属性は、EVR メディア シンクで設定できます。 属性を設定するには、 IUnknown::QueryInterface を 使用して 、IMFAttributes インターフェイスの EVR メディア シンクに対してクエリを実行します。

この属性を設定すると、EVR で MFVideoRenderPrefs_ForceOutputThrottling フラグを設定する場合と同じ効果があります。 このフラグの説明については、 MFVideoRenderPrefs を参照してください。

この属性の GUID 定数は strmiids.lib からエクスポートされます。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 7 [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows Server 2008 R2 [デスクトップ アプリのみ]
Header
Uuids.h

こちらもご覧ください

Media Foundation 属性のアルファベット順の一覧

EVR 属性

ビデオ品質管理