メディア ファンデーションプロパティ

このセクションの内容

トピック 説明
CODECAPI _ AVDecDDStereoDownMixMode
Dolby Digital オーディオ デコーダーのステレオ ダウンミックス モードを指定します。
CODECAPI _ AVDecNumWorkerThreads
ビデオ デコーダーで使用されるワーカー スレッドの数を設定します。
CODECAPI _ AVDecSoftwareDynamicFormatChange
内部サイズ変更にソフトウェア動的形式の変更を使用するかどうかを設定します。
CODECAPI _ AVDecVideoMaxCodedHeight
ビデオ デコーダーが入力の種類として受け入れる最大画像の高さを設定します。
CODECAPI _ AVDecVideoMaxCodedWidth
ビデオ デコーダーが入力の種類として受け入れる最大画像幅を設定します。
CODECAPI _ AVEncAdaptiveMode
ビデオ エンコーダーのアダプティブ エンコード モードを指定します。
CODECAPI _ AVEncCommonTranscodeEncodingProfile
共通のトランスコード エンコード プロファイルを指定します。
CODECAPI _ AVEncH264CABACEnable
H.264 エントロピ コーディングの CABAC (コンテキストアダプティブ二項算術コーディング) を有効または無効にします。
CODECAPI _ AVEncH264PPSID
Picture パラメーター セット (PPS) 識別子を設定します。
CODECAPI _ AVEncH264SPSID
H.264 ビット ストリームの SPS ネットワーク抽象化レイヤー (NAL) ユニットのシーケンス パラメーター セット (SPS) 識別子を設定します。
CODECAPI _ AVEncMaxFrameRate
エンコーダーに送り込むビデオ フレームの最大リアルタイム入力レートを設定します。
CODECAPI _ AVEncNumWorkerThreads
ビデオ エンコーダーによって使用されるワーカー スレッドの数を設定します。
CODECAPI _ AVEncSliceControlMode
スライス コントロール モードを指定します。 有効な値は 0、1、および 2 です。
CODECAPI _ AVEncSliceControlSize
スライスのサイズをメガバイト (MB)、ビット、または MB 行単位で指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoContentType
ビデオ エンコーダーのビデオ コンテンツの種類を示します。
CODECAPI _ AVEncVideoEncodeFrameTypeQP
量子化パラメーター (QP) が適用されるフレームの種類 (I、P、または B) を指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoEncodeQP
ビデオ エンコードの量子化パラメーター (QP) を指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoForceKeyFrame
エンコーダーに次のフレームをキー フレームとして強制的にコード化します。
CODECAPI _ AVEncVideoLTRBufferControl
アプリケーションによって制御される長期参照 (LTR) フレームの最大数を指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoMarkLTRFrame
現在のフレームを LTR フレームとしてマークします。
CODECAPI _ AVEncVideoMaxNumRefFrame
エンコーダーでサポートされる最大参照フレームを指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoMaxQP
エンコーダーでサポートされる最大 QP を指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoMeanAbsoluteDifference
各出力サンプルの IMFAttributeを介した MFSampleExtension _ MeanAbsoluteDifferenceのシグナルを制御します。
CODECAPI _ AVEncVideoMinQP
ビデオ エンコードの最小量子化パラメーター (QP) を指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoRateControlParams
ビデオ エンコーダーのビデオ レート制御パラメーターを指定します。
CODECAPI _ AVEncVideoROIEnabled
入力サンプルに 設定された MFSampleExtension _ ROIRectangle 属性を受け入れするかどうかを示します。
CODECAPI _ AVEncVideoSelectLayer
ビデオ エンコーダーのビデオ選択レイヤーを設定します。
CODECAPI _ AVEncVideoSupportedControls
ビデオ エンコーダーでサポートされているコントロールを設定します。
CODECAPI _ AVEncVideoTemporalLayerCount
ビデオ エンコーダーのビデオテンポラル レイヤー数を設定します。
CODECAPI _ AVEncVideoUsage
ビデオ エンコーダーのビデオ使用量を設定します。
CODECAPI _ AVEncVideoUseLTRFrame
現在のフレームが 1 つ以上の LTR フレームを使用してエンコードされます。
CODECAPI _ AVLowLatencyMode
コーデックで低待機時間モードを有効にします。
CODECAPI _ VideoEncoderDisplayContentType
ビデオのウィンドウが小さいか、ビデオがない可能性がある画面コンテンツとは対照的に、コンテンツが全画面ビデオかどうかを設定します。
MFNETSOURCE _ ACCELERATEDSTREAMINGDURATION
ネットワーク ソースの高速ストリーミングの期間 (ミリ秒単位)。
MFNETSOURCE _ AUTORECONNECTLIMIT
接続が失われた場合に、ネットワーク ソースがサーバーに再接続してストリーミングを再開しようとする回数。
MFNETSOURCE _ AUTORECONNECTPROGRESS
ネットワーク ソースがネットワークに再接続しようとした回数。
MFNETSOURCE _ BROWSERUSERAGENT
ネットワーク ソースがログ記録に使用する "cs(User-Agent)" フィールドの最初の部分の値。
MFNETSOURCE _ BROWSERWEBPAGE
ネットワーク ソースがログ記録に使用する "cs(Referer)" フィールドの値。
MFNETSOURCE _ BUFFERINGTIME
ネットワーク ソースが起動時にバッファーするデータの秒。
MFNETSOURCE _ CACHEENABLED
ネットワーク ソースがコンテンツをキャッシュするかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ CLIENTGUID
サーバーがクライアントを識別する一意識別子。
MFNETSOURCE _ CONNECTIONBANDWIDTH
ネットワーク ソースのリンク帯域幅をビット/秒で指定します。
MFNETSOURCE _ CREDENTIAL _ MANAGER
IMFNetCredentialManager インターフェイスへのポインターを格納します。
MFNETSOURCE _ DRMNET _ ライセンス _ 表現
バイト ストリームに関連付けられている DRM ライセンスを表すバイト配列を格納します。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ DOWNLOAD
すべてのダウンロード プロトコルが有効かどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ HTTP
ネットワーク ソースで HTTP プロトコルが有効かどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ MSB
メディア ストリーム ブロードキャスト (MSB) マルチキャスト プロトコルがネットワーク ソースで有効かどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ PRIVATEMODE
ネットワーク ソースでプライベート ダウンロード モードを有効にします。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ RTSP
ネットワーク ソースで Real-Time (RTSP) トランスポートを有効にするかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ STREAMING
すべてのストリーミング プロトコルが有効かどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ TCP
ネットワーク ソースに対して TCP トランスポートを有効にするかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ ENABLE _ UDP
ネットワーク ソースでユーザー データグラム プロトコル (UDP) トランスポートを有効にするかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ FRIENDLYNAME
UPnP ConnectionManager サービスを識別する文字列を指定します。
MFNETSOURCE _ HOSTEXE
ネットワーク ソースがログ記録に使用する "c-hostexe" フィールドの値。
MFNETSOURCE _ HOSTVERSION
ネットワーク ソースがログ記録に使用する "c-hostexever" フィールドの値。
MFNETSOURCE _ LOGPARAMS
ログ サーバーに送信するパラメーターを含む文字列の配列。
MFNETSOURCE _ LOGURL
ネットワーク ソースがログ情報を送信する URL の一覧。
MFNETSOURCE _ MAXBUFFERTIMEMS
ネットワーク ソース バッファーの最大データ量 (ミリ秒単位)。
MFNETSOURCE _ MAXUDPACCELERATEDSTREAMINGDURATION
ネットワーク ソースが UDP トランスポートを使用する場合の高速ストリーミングの最大時間 (ミリ秒単位)。
MFNETSOURCE _ PEERMANAGER
クライアントの識別の表示名を指定します。
MFNETSOURCE _ PLAYERID
ネットワーク ソースがログ記録に使用する "c-playerid" フィールドの値。
MFNETSOURCE _ PLAYERUSERAGENT
ネットワーク ソースがログ記録に使用する "cs(User-Agent)" フィールドの 2 番目の部分の値。
MFNETSOURCE _ PLAYERVERSION
ネットワーク ソースがログ記録に使用する "c-playerversion" フィールドの値。
MFNETSOURCE _ PPBANDWIDTH
ネットワーク ソースによって検出されたパケット ペア帯域幅と実行時帯域幅を指定します。
MFNETSOURCE _ PREVIEWMODEENABLED
プレビュー モードを有効または無効にします。これにより、アプリケーションは初期バッファリング ロジックを上書きできます。
MFNETSOURCE _ プロトコル
ネットワーク ソースによって使用される制御プロトコルを指定します。
MFNETSOURCE _ PROXYBYPASSFORLOCAL
プロキシ ロケーターがローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用するかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ PROXYEXCEPTIONLIST
プロキシ サーバーを使用せずにクライアント アプリケーションからの接続を受け入れ可能なメディア サーバーのセミコロン区切りのリストを指定します。
MFNETSOURCE _ PROXYHOSTNAME
プロキシ サーバーのホスト名を指定します。
MFNETSOURCE _ PROXYINFO
ネットワーク ソースによって使用されるプロキシ サーバーのホスト名とポートを格納します。
MFNETSOURCE _ PROXYLOCATORFACTORY
IMFNetProxyLocatorFactory インターフェイスへのポインターを格納します。
MFNETSOURCE _ PROXYPORT
プロキシ サーバーのポート番号を指定します。
MFNETSOURCE _ PROXYRERUNAUTODETECTION
既定のプロキシ ロケーターでプロキシの自動検出を強制するかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ PROXYSETTINGS
既定のプロキシ ロケーターの構成設定を指定します。
MFNETSOURCE _ RESENDSENABLED
ネットワーク ソースが、失われたパケットに応答して UDP 再送信要求を送信するかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ リソース _ フィルター
HTTP バイト ストリームの IMFNetResourceFilter コールバック インターフェイスへのポインター Microsoft メディア ファンデーション格納します。
MFNETSOURCE _ SSLCERTIFICATE _ MANAGER
IMFSSLCertificateManagerインターフェイスを実装する クラスの IUnknown ポインターを格納します。
MFNETSOURCE _ STATISTICS
ネットワーク ソースのネットワーク統計情報が含まれます。
MFNETSOURCE _ ストリーム _ 言語
ヘッダーに送信された文字列をAccept-Languageします。
MFNETSOURCE _ THINNINGENABLED
ネットワーク ソースでストリームの切り替えを有効にするかどうかを指定します。
MFNETSOURCE _ トランスポート
ネットワーク ソースによって使用されるトランスポート プロトコルを指定します。
MFNETSOURCE _ UDP _ ポート _ 範囲
ネットワーク ソースがストリーミング コンテンツを受信するために使用できる有効な UDP ポートの範囲。
MFP _ PKEY _ StreamIndex
MFPlay イベントのメディア ストリームの 0 から始るインデックスを格納します。
MFP _ PKEY _ StreamRenderingResults
メディア シンクに正常に接続されたストリームを指定します。
MFPKEY _ ASFMEDIASINK _ AUTOADJUST _ ビットレート
ASF メディア シンクがビットレートを自動的に調整するかどうかを指定します。
MFPKEY _ ASFMEDIASINK _ BASE _ SENDTIME
ASF メディア シンクのベース送信時間 (ミリ秒単位)。
MFPKEY _ ASFMEDIASINK _ DRMACTION
ASF メディア シンクをメディア DRM に適用するWindows指定します。
MFPKEY _ ASFMediaSource _ ApproxSeek
ASF メディア ソースが概数シークを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ ASFMediaSource _ IterativeSeek _ Max _ Count
反復シークを実行するときに ASF メディア ソースが使用する検索イテレーションの最大数を設定します。
MFPKEY _ ASFMediaSource _ IterativeSeek _ Tolerance _ In _ MilliSecond
ASF メディア ソースが反復シークを実行するときに使用される許容値をミリ秒単位で設定します。
MFPKEY _ ASFMediaSource _ IterativeSeekIfNoIndex
ソース ファイルにインデックスがない場合に反復シークを使用する ASF メディア ソースを構成します。
MFPKEY _ ASFOVERHEADPERFRAME
圧縮されたコンテンツの格納に使用されるコンテナーに必要なオーバーヘッドをパケットあたりのバイト数で指定します。
MFPKEY _ ASFSTREAMSINK _ が _ LEAKYBUCKET を修正しました
ASF メディア シンク上のストリームの "リークバケット" パラメーターを指定します。
MFPKEY _ AVDecVideoSWPowerLevel
デコーダーの電源レベルを指定します。
MFPKEY _ AVGCONSTRAINED
エンコーダーが平均制御可能な VBR エンコードを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ AVGFRAMERATE
ビデオ コンテンツの平均フレーム レートを 1 秒あたりのフレーム数で指定します。
MFPKEY _ BAVG
制約付き可変ビット レート (VBR) ストリームの平均ビット レート (MFPKEY _ の BITGで指定) のバッファー ウィンドウをミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ BDELTAQP
アンカー フレームの画像量子化器と B フレームの画像量子化器の間の差分の増加を指定します。
MFPKEY _ BMAX
制約付き可変ビット レート (VBR) ストリームのピーク ビット レート (MFPKEY _ RMAXで指定) のバッファー ウィンドウをミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ BUFFERFULLNESSINFIRSTBYTE
エンコードされたビデオ ビット ストリームに、すべてのキー フレームを含むバッファーの完全な値が含まれるかどうかを指定します。
MFPKEY _ カテゴリ
変換 (MFT) のカテゴリ GUID メディア ファンデーション含む。
MFPKEY _ CHECKDATACONSISTENCY2P
2 パス VBR エンコードを実行するときに、エンコーダーがパス間でデータの整合性をチェックするかどうかを指定します。 読み取り/書き込み。
MFPKEY _ CLOSEDENTRYPOINT
画像のグループの先頭でエンコーダーが使用するエンコード パターンを指定します。
MFPKEY _ CLSID
変換 (MFT) の CLSID メディア ファンデーション含む。
MFPKEY _ CODEDFRAMES
コーデックによってエンコードされたビデオ フレームの数を指定します。
MFPKEY _ CODEDNONZEROFRAMES
実際にデータを含むコーデックによってエンコードされたビデオ フレームの数を指定します。
MFPKEY _ の色 _ の明るさ
明るさを調整します。
MFPKEY _ の色 _ のコントラスト
コントラストを調整します。
MFPKEY _ COLOR _ HUE
色相を調整します。
MFPKEY _ の色の _ 彩度
彩度を調整します。
MFPKEY _ COLORCONV _ DSTLEFT
コピー先の四角形の左辺をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ COLORCONV _ DSTTOP
コピー先の四角形の上端をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ COLORCONV _ HEIGHT
ソースとコピー先の四角形の高さをピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ COLORCONV _ モード
入力ストリームがインターレースされているかどうかを指定します。
MFPKEY _ COLORCONV _ SRCLEFT
ソース四角形の左辺をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ COLORCONV _ SRCTOP
ソース四角形の上端をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ COLORCONV _ WIDTH
ソースとコピー先の四角形の幅をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ の複雑さ
エンコーダー アルゴリズムの複雑さを指定します。
MFPKEY _ COMPLEXITYEX
エンコーダー アルゴリズムの複雑さを指定します。
MFPKEY _ COMPRESSIONOPTIMIZATIONTYPE
Media Video 9 Advanced Profile エンコーダーを使用して、Windows最適なビジュアル品質設定を指定します。
MFPKEY _ 制約 _ 列挙 _ VBRQUALITY
エンコーダーによって列挙されたモードを 、MFPKEY _ DESIRED _ VBRQUALITYによって指定された品質要件を満たすモードに書き込むかどうかを指定します。
MFPKEY _ CONSTRAINDECLATENCY
エンコーダーがデコーダーの最大待機時間要件によって制限されるかどうかを指定します。
MFPKEY _ CONSTRAINENCCOMPLEXITY
オーディオ エンコード アルゴリズムの複雑さを制限するかどうかを指定します。
MFPKEY _ CONSTRAINENCLATENCY
エンコーダーが最大待機時間の要件によって制約されるかどうかを指定します。
MFPKEY _ コンテンツ _ DLNA プロファイル _ _ ID
メディア ソースの Digital Living Network Alliance (DLNA) プロファイル識別子を格納します。
MFPKEY _ CONV _ INPUTFRAMERATE
入力フレーム レートを比率として指定します。
MFPKEY _ CONV _ OUTPUTFRAMERATE
出力フレーム レートを比率として指定します。
_MFPKEYCRIS
モーションの滑らかさとコーデック出力のイメージ品質のトレードオフの数値表現を指定します。
MFPKEY _ DATARATE
このプロパティは古い形式であり、設定すべきではありません。
MFPKEY _ デコーダー _ のインターレース解除
デコーダーが圧縮ストリームからインターレースビデオ フレームをプログレッシブ フレームとしてデコードするかどうかを指定します。
MFPKEY _ デコーダー _ MaxNumPCMSamplesWithPaddedSilence
ファイルをデコードした後、末尾に返される可能性がある追加の PCM サンプルの最大数を指定します。
MFPKEY _ DECODERCOMPLEXITYPROFILE
エンコードされたコンテンツの複雑さのプロファイルを指定します。
MFPKEY _ デコーダーCOMPLEXITYREQUESTED
ビデオ エンコードに使用するデバイス準拠テンプレートを指定します。
MFPKEY _ DELTAMVRANGEINDEX
モーション ベクター情報のエンコードに使用するメソッドを指定します。
MFPKEY _ DENOISEOPTION
エンコード時にコーデックがノイズ フィルターを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ DESIRED _ VBRQUALITY
オーディオ ストリームの品質ベース (1 パス) 可変ビット レート (VBR) エンコードに必要な品質レベルを指定します。
MFPKEY _ DROPPEDFRAMES
エンコード中に削除されたビデオ フレームの数を指定します。
MFPKEY _ DXVA _ が有効
デコーダーが DirectX ビデオ アクセラレーション ハードウェアを使用するかどうかを指定します (使用可能な場合)。
MFPKEY _ DYN _ ALLOW _ NOISESUB
エンコーダーがノイズ置換を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ DYN _ ALLOW _ PCMRANGELIMITING
エンコーダーが PCM 範囲制限を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ DYN _ BANDTRUNC _ BWCEIL
エンコーダーのバンド切り捨てで許可される最大コード帯域幅を指定します。
MFPKEY _ DYN _ BANDTRUNC _ BWFLOOR
エンコーダーのバンド切り捨てによって許可される最小コード化帯域幅を指定します。
MFPKEY _ DYN _ BANDTRUNC _ QCEIL
最小コード化帯域幅を許可する品質を指定します。
MFPKEY _ DYN _ BANDTRUNC _ DYLOOR
コード化された最大帯域幅を許可する品質を指定します。
MFPKEY _ DYN _ BANDTRUNCATION
エンコーダーがバンド切り捨てを実行するかどうかを指定します。
MFPKEY _ DYN _ SIMPLEMASK
エンコーダーが、メディア オーディオ エンコーダーのバージョン 7 によって実行されるマスク計算のスタイルWindows指定します。
MFPKEY _ DYN _ ステレオ _ PREPROC
エンコーダーがステレオ画像処理を実行するかどうかを指定します。
MFPKEY _ DYN _ VBR _ BAVG
平均制御可能な VBR エンコードを使用するように構成されたエンコーダーのバッファー ウィンドウをミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ DYN _ VBR _ の
平均制御可能な VBR エンコードを使用するように構成されたエンコーダーの平均ビット レートを 1 秒あたりのビット数で指定します。
MFPKEY _ ENCCOMPLEXITY
エンコード アルゴリズムの複雑さを指定します。
MFPKEY _ ENDOFPASS
エンコード パスの末尾を指定します。
MFPKEY _ ENHANCED _ WMA
コア エンコーダーで "Plus" 機能を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ EXATTRIBUTE _ がサポートされています
変換 (MFT) メディア ファンデーション入力サンプルから出力サンプルに属性をコピーするかどうかを指定します。
MFPKEY _ FI _ が有効
デコーダーでフレーム補間を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ FI _ がサポートされています
デコーダーがフレーム補間をサポートするかどうかを指定します。
MFPKEY _ FORCEFRAMEHEIGHT
エンコードされたビデオの中間フレームの高さを指定します。
MFPKEY _ FORCEFRAMEWIDTH
エンコードされたビデオの中間フレーム幅を指定します。
MFPKEY _ FORCEMEDIANSETTING
エンコード時にコーデックで中央値フィルター処理を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ FOURCC
使用するエンコーダーを識別する FOURCC を指定します。
MFPKEY _ FRAMECOUNT
このプロパティは古い形式であり、設定すべきではありません。
MFPKEY _ FULLFRAMERATE
フレームの削除を許可するかどうかを指定します。
MFPKEY _ HTTP _ ByteStream _ Enable _ Urlmon
HTTP バイト ストリームメディア ファンデーション URL モニカー (Urlmon とも呼ばれる) を 使用できます
MFPKEY _ HTTP _ ByteStream _ Urlmon バインド _ _ フラグ
HTTP バイト ストリームに対するモニカー メディア ファンデーションを設定します。
MFPKEY _ HTTP _ ByteStream _ Urlmon セキュリティ _ _ ID
HTTP バイト ストリームのルート セキュリティ識別子メディア ファンデーション設定します。
MFPKEY _ HTTP _ ByteStream _ Urlmon _ ウィンドウ
HTTP バイト ストリームのメディア ファンデーションを設定します。
MFPKEY _ INTERLACEDCODABLED
インターレースビデオ エンコードを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ KEYDIST
コーデック出力のキー フレーム間の最大時間 (ミリ秒単位) を指定します。
MFPKEY _ LIVEENCODE
このプロパティは古い形式であり、設定すべきではありません。
MFPKEY _ LOOKAHEAD
現在のフレームをエンコードする前にコーデックが評価する、現在のフレームの後のフレーム数を指定します。
MFPKEY _ LOOPFILTER
エンコード中にコーデックがインループ デブロック フィルターを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ MACROBLOCKMODECOSTMETHOD
使用するマクロブロック モードを決定するためにコーデックによって使用されるコスト方法を指定します。
MFPKEY _ MAXDECLATENCYMS
デコーダーの最大待機時間をミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ MAXENCLATENCYMS
エンコーダーの最大待機時間をミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ MediaProtectionContainerGuid
コンテナー内の Digital Rights Management (DRM) 保護システムを識別する GUID を指定します。
MFPKEY _ MediaProtectionSystemContext
メディア保護システムの信頼された入力モジュールを初期化するときに使用するコンテキストを含む BLOB を指定します。
MFPKEY _ MediaProtectionSystemContextsPerTrack
トラックの種類から DRM コンテキストを含む IRandomAccessStream へのマッピングを定義する IPropertySet に設定します。
MFPKEY _ MediaProtectionSystemId
コンテンツに使用するメディア保護システムを指定します。
MFPKEY _ MediaProtectionSystemIdMapping
プロパティ システム ID からプロパティ システムのアクティブ化 ID へのマッピングを定義する IPropertySet を指定します。
MFPKEY _ MediaSource _ DisableReadAhead
メディア ソースの先行読み取りを有効または無効にします。
MFPKEY _ の _ 最近 _ 列挙 _ された VBRQUALITY
最近列挙された出力の種類の VBR 品質レベルを指定します。
MFPKEY _ MOTIONMATCHMETHOD
モーション マッチングに使用するメソッドを指定します。
MFPKEY _ MOTIONSEARCHLEVEL
モーション検索操作で色情報を使用する方法を指定します。
MFPKEY _ MOTIONSEARCHRANGE
モーション検索で使用される範囲を指定します。
MFPKEY _ NOISEEDGEREMOVAL
コーデックがノイズの多いフレーム エッジを検出して削除するかどうかを指定します。
MFPKEY _ NUMBFRAMES
双方向予測フレーム (B フレーム) の数を指定します。
MFPKEY _ NUMTHREADS
エンコーダーが使用するスレッドの数を指定します。
MFPKEY _ NUMTHREADSDEC
デコーダーが使用するスレッドの数を指定します。
MFPKEY _ パスRECOMMENDED
エンコーダーでサポートされるパスの最大数を指定します。
MFPKEY _ PASSESUSED
エンコーダーがコンテンツのエンコードに使用するパスの数を指定します。
MFPKEY _ PEAKCONSTRAINED
エンコーダーがピーク ビット レートによって制限されるかどうかを指定します。
MFPKEY _ PERCEPTUALOPTLEVEL
エンコード時にコーデックで控えめなパーセプト最適化を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ PIXELASPECTRATIO
出力メディアの種類のピクセル縦横比を指定します。
MFPKEY _ PMP _ 作成 _ コールバック
ソースの解決中に PMP メディア セッションを作成するコールバック を設定します。
MFPKEY _ POSTPROCESSMODE
デコーダーの後処理モードを指定します。
MFPKEY _ PREFERRED _ FRAMESIZE
フレームあたりの推奨サンプル数を指定します。
MFPKEY _ PRODUCEDUMMYFRAMES
エンコーダーが重複するフレームのビット ストリームにダミー フレーム エントリを生成するかどうかを指定します。
MFPKEY _ QPPERFRAME
QP を指定します。 指定できる値は 1.0 ~ 31.0 です。
MFPKEY _ RANGEREDUX
コーデックがビデオの有効な色範囲を減らす度合いを指定します。
MFPKEY _ の
2 パスの可変ビット レート (VBR) エンコードに使用される平均ビット レートをビット/秒で指定します。
MFPKEY _ RDSUBPIXELSEARCH
エンコーダーが RD ベースのサブピクセル MV 検索を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ REENCDURATION
セグメントの再エンコードの場合は、再エンコードするセグメントの期間を指定します。
MFPKEY _ REENCENDBUFFERSIZE
セグメントの再エンコードの場合は、バッファー サイズを指定します。
MFPKEY _ REENCQPREF
セグメントの再エンコードの場合は、開始セグメントの前のフレームの量子化器を指定します。
MFPKEY _ REENCSTARTBUFFERSIZE
セグメントの再エンコードの場合は、開始バッファーの完全さを指定します。
フレームサイズ _ を要求 _ する _ MFPKEY
エンコーダーがフレームあたりのサンプル数で指定された優先フレーム サイズを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ DST _ HEIGHT
コピー先の四角形の高さをピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ DST _ LEFT
コピー先の四角形の左辺をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ DST _ TOP
コピー先の四角形の上端をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ DST _ WIDTH
コピー先の四角形の幅をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ GEOMAPHEIGHT
ジオメトリックアパーチャの高さをピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ GEOMAPWIDTH
ジオメトリックアパーチャの幅をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ GEOMAPX
ジオメトリック絞りの左上隅の x 座標を指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ GEOMAPY
ジオメトリックアパーチャの左上隅の y 座標を指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ INTERLACE
入力ストリームがインターレースされているかどうかを指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ RESIZE RESIZEPHEIGHT
最小表示の絞りの高さをピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ RESIZE RESIZEPWIDTH
最小表示の絞りの幅をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ _ RESIZE RESIZE PX
最小表示絞りの左上隅の x 座標を指定します。
MFPKEY _ _ RESIZE RESIZE RESIZEPY
最小表示絞りの左上隅の y 座標を指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ PANSCANAPHEIGHT
パン/スキャン領域の高さをピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ PANSCANAPWIDTH
パン/スキャン領域の幅をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ PANSCANAPX
パン/スキャン領域の左上隅の x 座標を指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ PANSCANAPY
パン/スキャン領域の左上隅の y 座標を指定します。
MFPKEY の _ サイズ変更 _ の品質
高品質のビデオを生成するアルゴリズムを使用するか、より高速なアルゴリズムを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ SRC _ HEIGHT
ソース四角形の高さをピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ SRC _ LEFT
ソース四角形の左辺をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ SRC _ TOP
ソース四角形の上端をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RESIZE _ SRC _ WIDTH
ソース四角形の幅をピクセル単位で指定します。
MFPKEY _ RMAX
制約付き 2 パス可変ビット レート (VBR) 再生に使用されるピーク ビット レート (ビット/秒) を指定します。
MFPKEY _ SBESourceMode
WTV メディア ソースのストリーム構成を設定します。
MFPKEY _ SourceOpenMonitor
アプリケーションの IMFSourceOpenMonitor インターフェイスへのポインターを格納 します。
MFPKEY _ STAT _ BAVG
エンコードされたストリームの平均バッファー ウィンドウをミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ STAT _ BMAX
エンコードされたストリームの最大バッファー ウィンドウをミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ STAT _ のSTAT
エンコードされたストリームのビット/秒の平均ビット レートを指定します。
MFPKEY _ STAT _ RMAX
エンコードされたストリームの最大ビット レート (ビット/秒) を指定します。
MFPKEY _ TOTALFRAMES
エンプロセス中にエンコーダーに渡されるビデオ フレームの総数を指定します。
MFPKEY _ VBRENABLED
エンコーダーが可変ビット レート (VBR) エンコードを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ VBRQUALITY
品質ベース (1 パス) の可変ビット レート (VBR) エンコードの実際の品質レベルを指定します。
MFPKEY _ VIDEOSCALING
コーデックでビデオ スケーリングの最適化を使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ VIDEOWINDOW
モデル バッファーに収まるコンテンツの量をミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ VOLHEADERFORREENCODE
セグメントの再エンコードの場合は、再エンコードされるファイルのコーデック プライベート データを指定します。
MFPKEY _ VTYPE
コーデックがインターレースソース ビデオを検出するために使用するロジックを指定します。
MFPKEY _ WMA _ の子 _ ストリーム
サポートされていません。
MFPKEY _ WMAAECMA _ デバイス _ インデックス
音声キャプチャ DSP がオーディオのキャプチャとレンダリングに使用するオーディオ デバイスを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ DEVICEPAIR _ GUID
アプリケーションが音声キャプチャ DSP で現在使用しているオーディオ デバイスの組み合わせを識別します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ DMO _ モード _
音声キャプチャ DSP がソース モードまたはフィルター モードを使用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ AES
残差信号に対して音声キャプチャ DSP が音響エコー抑制 (AES) を実行する回数を指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ AGC
音声キャプチャ DSP が自動ゲイン制御を実行するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ センター _ クリップ
音声キャプチャ DSP がセンター クリッピングを実行するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ エコー _ 長
音響エコー キャンセル (AEC) アルゴリズムが処理できるエコーの継続時間をミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ フレーム _ サイズ
音声キャプチャ DSP で使用されるオーディオ フレーム サイズを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ MICARR _ の光線
マイク配列の処理に音声キャプチャ DSP が使用する光線を指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ MICARR _ モード
音声キャプチャ DSP がマイク配列処理を実行する方法を指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ MICARR _ PREPROC
音声キャプチャ DSP がマイク配列の前処理を実行するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ NOISE _ FILL
音声キャプチャ DSP がノイズの塗り分け処理を実行するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ NS
音声キャプチャ DSP がノイズ抑制を実行するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ FEATR _ VAD
音声キャプチャ DSP が実行する音声アクティビティ検出の種類を指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ 機能 _ モード
アプリケーションが音声キャプチャ DSP のさまざまなプロパティの既定の設定をオーバーライドできます。
MFPKEY _ WMAAECMA _ MIC _ GAIN _ BOUNDER
音声キャプチャ DSP がマイクのゲイン境界を適用するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ MICARRAY _ DESCPTR
音声キャプチャ DSP のマイク配列ジオメトリを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ QUALITY _ METRICS
音声キャプチャ DSP から音響エコー キャンセル (AEC) に関する品質メトリックを取得します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ RETRIEVE _ TS _ STATS
Voice Capture DSP がタイム スタンプ統計をレジストリに格納するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAAECMA _ システム _ モード
音声キャプチャ DSP の処理モードを設定します。
MFPKEY _ Wの _ DRCMODE
オーディオ デコーダーが使用するダイナミック レンジ コントロール モードを指定します。
MFPKEY _ Wのフォール _ ドダウン _ マトリックス
エンコードされたストリームに含まれるチャネル数よりも少ないチャネルに対してマルチチャネル オーディオをデコードするために、作成者が指定したフォールドダウン係数を指定します。
MFPKEY _ _ W、HIRESOUTPUT
オーディオ デコーダーが高解像度の出力を配信するかどうかを指定します。
MFPKEY _ W方C _ LTRTOUTPUT
デコーダーでフォールド ダウンを実行Lt-Rt指定します。
MFPKEY _ WHELPC _ SPKRCFG
クライアント コンピューターのスピーカー構成を指定します。
MFPKEY _ WMADRC _ AVGREF
オーディオ コンテンツの平均ボリューム レベルを指定します。
MFPKEY _ WMADRC _ AVGTARGET
出力オーディオ コンテンツの目的の平均ボリューム レベルを指定します。
MFPKEY _ WMADRC _ PEAKREF
オーディオ コンテンツで発生する最大ボリューム レベルを指定します。
MFPKEY _ WMADRC _ PEAKTARGET
出力オーディオ コンテンツの最大ボリューム レベルを指定します。
MFPKEY _ WMAENC _ AVGBYTESPERSEC
品質ベースの可変ビット レート (VBR) オーディオ ストリームの 1 秒あたりの平均バイト数を指定します。
MFPKEY _ WMAENC _ BUFFERLESSCBR
エンコーダーがフレームごとに 1 つの WMA パケットを生成するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAENC _ GENERATE _ DRC _ PARAMS
エンコーダーで動的範囲の複合パラメーターを生成するかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAENC _ ORIGWAVEFORMAT
入力オーディオ コンテンツ を記述する、STRUCTUREATEX 構造体を指定します。
MFPKEY _ WMAENC _ RTSPDIF
エンコーダーでリアルタイムの S/PDIF エンコードを有効にするかどうかを指定します。
MFPKEY _ WMAVOICE _ ENC _ BufferWindow
音声コーデックに使用するバッファー ウィンドウをミリ秒単位で指定します。
MFPKEY _ WMAVOICE _ ENC _ デコーダーデレイ
エンコーダーの待機時間をパケット 単位で指定します。
MFPKEY _ WMAVOICE _ ENC _ EDL
音声コーデックによって音楽としてエンコードされるコンテンツの部分を指定します。
MFPKEY _ WMAVOICE _ ENC _ MusicSpeechClassMode
音声コーデックのモードを指定します。
MFPKEY _ WMRESAMP _ CHANNELMTX
ソース チャネルを変換先チャネルに変換するために使用されるチャネル マトリックスを指定します (たとえば、5.1 をステレオに変換する場合)。
MFPKEY _ WMRESAMP _ FILTERQUALITY
出力の品質を指定します。
MFPKEY _ WMRESAMP _ LOWPASS _ 帯域幅
コピー先のサンプル レートに対する割合として、ローパス フィルター帯域幅を指定します。
MFPKEY _ ZEROBYTEFRAMES
前のフレームと重複していたためスキップされるビデオ フレームの数を指定します。

メディア ファンデーション プログラミング リファレンス

属性とプロパティ