シンクライター

シンクライターは、オーディオまたはビデオファイルをエンコードするためのコンポーネントです。

次の図は、アプリケーションがシンクライターを使用してエンコードおよびオーディオ/ビデオファイルをエンコードする方法を大まかに示しています。

シンクライターを示す図。

シンクライターは、メディアシンクと、必要に応じて1つまたは複数のエンコーダーをホストします。 エンコーダーは、非圧縮オーディオまたはビデオデータをエンコードされたビットストリームに変換します。 メディアシンクは、ファイルにビットストリームを出力します。 シンクライターは、次のタスクを実行します。

  • メディアシンクを読み込みます。
  • エンコーダーを検索して読み込みます。
  • エンコーダーとメディアシンクへのデータフローを管理します。

アプリケーションは、オーディオ/ビデオデータを入力としてシンクライターに渡します。 アプリケーションが入力データを取得または生成する方法は関係ありません。 次の図に示すように、 ソースリーダーを使用する方法があります。 ただし、シンクライターでは、ソースリーダーを使用する必要はありません。 この2つのコンポーネントは独立しています。

ソースリーダーとシンクライターを示す図。

このセクションの内容

エンコードとファイルのオーサリング

メディアファンデーションでのエンコードの概要