インターフェイス定義 (IDL) ファイル

慣例として、インターフェイスとタイプライブラリの定義を含むファイルは、IDL ファイルと呼ばれ、.idl ファイル名拡張子が付いています。 実際には、MIDL コンパイラは、その拡張機能に関係なく、インターフェイス定義ファイルを解析します。 インターフェイスは、キーワード インターフェイスによって識別されます。

各インターフェイスは、ヘッダーと本文で構成されます。 インターフェイスヘッダーには、インターフェイス全体に適用される属性が含まれています。 インターフェイスの本体には、残りのインターフェイス定義が含まれています。 インターフェイスと IDL ファイルの概要については、「 インターフェイス定義言語 (idl) ファイル」を参照してください。 インターフェイスヘッダーで使用できる属性の概要については、「 IDL attributes」を参照してください。