COMPADDSOURCE プロパティ

COMPADDSOURCE プロパティの値は、ソース メディアから実行するためにインストールされるコンポーネント テーブルの ComponentId 列のコンポーネント GUID の一覧です 。コンマで区切られます。 インストーラーはこの値を使用して、指定したコンポーネントに基づいて、ソースから実行するようにインストールする機能を決定します。 一覧表示されている各コンポーネント ID について、インストーラーはそのコンポーネントにリンクされているすべての機能 ( FeatureComponents テーブルを通じて) を調べ、インストールするディスク領域が最も少ない機能をインストールします。 一覧表示されるコンポーネントは、 コンポーネント テーブルの [コンポーネント] 列に存在する必要があります。

注釈

コンポーネント名では大文字と小文字が区別されることに注意してください。 また、コンポーネントの コンポーネント テーブルの [属性] 列に LocalOnly ビット フラグが設定されている場合、コンポーネントはローカルで実行するようにインストールされます。

インストーラーは常に次のプロパティを次の順序で評価します。

  1. ADDLOCAL
  2. 削除
  3. ADDSOURCE
  4. ADDDEFAULT
  5. 広告
  6. COMPADDLOCAL
  7. COMPADDSOURCE
  8. COMPADDDEFAULT
  9. FILEADDLOCAL
  10. FILEADDSOURCE
  11. FILEADDDEFAULT

たとえば、コマンド ラインで ADDLOCAL=ALL、ADDSOURCE = MyFeature が指定されている場合、すべての機能が最初に run-local に設定され、次に MyFeature が run-from-source に設定されます。 コマンド ラインが ADDSOURCE=ALL、ADDLOCAL=MyFeature、最初の MyFeature が run-local に設定され、次に ADDSOURCE=ALL が評価されると、すべての機能 (MyFeature を含む) がソースからの実行にリセットされます。

インストーラーは、中断されたインストールの再開中、または上記のプロパティのいずれかがコマンド ラインで指定されている場合に、 Preselected プロパティの値を "1" に設定します。

要件

要件
バージョン
Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、または Windows 7 でインストーラー 5.0 をWindowsします。 Windows Server 2008 または Windows Vista のインストーラー 4.0 または Windows インストーラー 4.5 をWindowsします。 Windows Server 2003 または Windows XP でインストーラーをWindowsします。 Windows インストーラーのバージョンで必要な最小Windows Service Pack の詳細については、「Windows インストーラーのRun-Time要件」を参照してください。

関連項目

プロパティ