ControlCondition テーブル

ControlCondition テーブルを使用すると、作成者は、条件付きステートメントの結果に基づいて、コントロールに適用する特別なアクションを指定できます。 たとえば、このテーブルを使用すると、作成者は Versionnt プロパティに基づいてコントロールを非表示にすることができます。

ControlCondition テーブルには、次の列があります。

Column 種類 キー Nullable
] ダイアログ_ Identifier Y N
コントロール_ Identifier Y N
アクション [テキスト] Y N
条件 Condition Y N

[列]

] ダイアログ_

ダイアログテーブルの最初の列への外部キー。 このフィールドとコントロールフィールドを組み合わせると _ 、一意のコントロールが識別されます。

制御_

コントロールテーブルの2番目の列への外部キー。 このフィールドを結合すると、ダイアログフィールドによって _ 一意のコントロールが識別されます。

処置

コントロールに対して実行されるアクション。 次の表に、考えられる操作を示します。

説明
Default コントロールを既定値として設定します。
無効にする コントロールを無効にします。
有効にする コントロールを有効にします。
非表示 コントロールを非表示にします。
表示 コントロールを表示します。

フィルター

アクションをトリガーする条件を指定する条件付きステートメント。 この列を空白のままにすることはできません。 このステートメントが TRUE に評価されない場合、アクションは実行されません。 1に設定されている場合、アクションは常に適用されます。 条件付きステートメントの構文の詳細については、「 条件付きステートメントの構文」を参照してください。

解説

ControlCondition テーブルの Condition フィールドにある条件ステートメントに基づいて、 プッシュボタンコントロール または CheckBox コントロール を非表示にしたり無効にしたりする場合は、コントロールを無効にしたり、コントロールを非表示にしたりするために、コントロールごとに4つのレコードを使用する必要があります。 非表示になっているだけのプッシュボタンまたは CheckBox コントロールは、ショートカットキーでもアクセスできます。

たとえば、次のレコードは、製品がインストールされている場合に、DialogA の表示を非表示にしたり無効にしたりします。 製品がインストールされていない場合は、コントロールが表示され、有効になります。

ダイアログ Control アクション 条件
DialogA ControlA 非表示
DialogA ControlA 無効にする インストール済み
DialogA ControlA 表示 未インストール
DialogA ControlA 有効にする 未インストール

検証

ICE03
ICE06
ICE17
ICE32
ICE46
ICE79
ICE86