delete コマンド

delete コマンドは、ファイルからデータ セグメントを削除します。 デジタルビデオおよび波形オーディオデバイスはこのコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、次のように lpszCommand パラメーターを設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("delete %s %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszPosition, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszPosition

削除するデータ セグメントを識別するフラグ。 次の表に、 delete コマンドを認識するデバイスの種類と、各種類で使用されるフラグを示します。

意味 意味
digitalvideo
  • 四角形
  • オーディオ ストリーム ストリーム
  • from position
  • to position
  • ビデオ ストリーム ストリーム
waveaudio from position to position

次の表に、 lpszPosition パラメーターで指定できるフラグとその意味を示します。

意味
四角形 削除された各フレームの部分を指定します。 省略すると、既定でフレーム全体が表示されます。 この項目を指定しても、フレームは削除されません。 代わりに、四角形内の領域が黒になります。
オーディオ ストリーム ストリーム コマンドの影響を受けるワークスペース内のオーディオ ストリームを指定します。 このフラグを使用し、ビデオを削除する場合は、"ビデオ ストリーム" フラグも使用する必要があります。 (どちらのフラグも指定しないと、すべてのオーディオ ストリームとビデオ ストリームが削除されます)。
from position 削除の開始位置を指定します。 このフラグを省略すると、削除は現在の位置から開始されます。
to position 削除が終了する位置を指定します。 このフラグを省略すると、コンテンツまたはワークスペースの末尾まで削除が続行されます。
ビデオ ストリーム ストリーム コマンドの影響を受けるワークスペース内のビデオ ストリームを指定します。 このフラグを使用し、オーディオを削除する場合は、"オーディオ ストリーム" フラグも使用する必要があります。 (どちらのフラグも指定しないと、すべてのオーディオ ストリームとビデオ ストリームが削除されます)。

lpszFlags

"wait"、"notify"、またはその両方を指定できます。 デジタル ビデオおよび VCR デバイスの場合は、"テスト" を指定することもできます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

注釈

位置値を使用するコマンドを発行する前に、set コマンドを使用して目的の時刻形式を 設定 する必要があります。

次のコマンドは、波形オーディオ データを 1 ミリ秒から 900 ミリ秒 (時間形式がミリ秒に設定されている場合) から削除します。

delete mysound from 1 to 900

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

こちらもご覧ください

MCI

MCI コマンド文字列

set