freeze コマンド

freeze コマンドは、VCR のビデオ入力またはビデオ出力を固定するか、フレーム バッファーへのビデオ取得を無効にします。 デジタル ビデオ、ビデオ オーバーレイ、および VCR デバイスは、このコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、次のように lpszCommand パラメーターを設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("freeze %s %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszFreezeFlags, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszFreezeFlags

フリーズする内容を識別するフラグ。 次の表に、 freeze コマンドを認識するデバイスの種類と、各種類で使用されるフラグを示します。

意味 意味
digitalvideo 四角形
overlay 四角形
ビデオデッキ
  • フィールド
  • frame
  • input
  • output

次の表に、 lpszFreezeFlags パラメーターで指定できるフラグとその意味を示します。

意味
四角形 固定される領域を指定します。 ビデオ オーバーレイ デバイスの場合、このリージョンではビデオの取得が無効になります。 デジタル ビデオ デバイスの場合、四角形内のピクセルはロック マスク ビットがオンになります ("outside" フラグが指定されていない限り)。 四角形はビデオ バッファーの原点を基準とし、 X1 Y1 X2 Y2 として指定されます。 座標 X1 Y1 は四角形の左上隅を指定し、座標 X2 Y2 は幅と高さを指定します。
フィールド 最初のフィールドを固定します。 フィールドは既定で想定されます (フレームもフィールドも指定されていない場合)。
frame フレーム全体を固定し、両方のフィールドを表示します。
input 入力イメージの現在のフレーム (一時停止中または実行中) を固定します。
output VCR からの出力の現在のフレームを固定します。 フリーズが発行されたときに VCR が再生されている場合、現在のフレームはフリーズされ、VCR は一時停止されます。 このコマンドの発行時に VCR が一時停止されると、現在のフレームは固定されます。 フリーズ 解除コマンドが 発行されるまで、フリーズされたイメージは出力デバイスに残ります。 "input" も "output" も指定されていない場合は、"output" と見なされます。
"at" フラグを使用して指定された領域の外側の領域が固定されていることを示します。

lpszFlags

"wait"、"notify"、またはその両方を指定できます。 デジタル ビデオおよび VCR デバイスの場合は、"テスト" を指定することもできます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

注釈

VCR デバイスで使用する場合、このコマンドはフレームグラブ カードを対象としています。

"at" フラグで不規則な取得領域を指定するには、一連のフリーズおよび 凍結解除 コマンドを使用します。 一部のビデオ オーバーレイ デバイスでは、取得リージョンの複雑さが制限されます。

このコマンドは、"can freeze" フラグを持つ capability コマンドの呼び出しが TRUE を返す場合にのみサポートされます。

次のコマンドは、ビデオ バッファーの左上隅にある 100 ピクセルの正方形でビデオの取得を無効にします。

freeze vboard at 0 0 100 100

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

こちらもご覧ください

MCI

MCI コマンド文字列

capability

解除