info コマンド

info コマンドは、デバイスからハードウェアの説明を取得します。 すべての MCI デバイスがこのコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、lpszCommand パラメーターを次のように設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("info %s %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszInfoType, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszInfoType

必要な情報の種類を識別するフラグ。 次の表に、 info コマンドを認識するデバイスの種類と、各種類で使用されるフラグを示します。

意味 意味
cdaudio info identityinfo upc product
digitalvideo audio algorithmaudio qualityfileproductstill algorithmstill quality usageversionvideo algorithmvideo qualitywindow テキスト
overlay fileproduct ウィンドウ テキスト
sequencer copyrightfile nameproduct
ビデオデッキ product version
videodisk product
waveaudio fileinput outputproduct

次の表に、 lpszInfoType パラメーターで指定できるフラグとその意味を示します。

意味
オーディオ アルゴリズム 現在のオーディオ圧縮アルゴリズムの名前を返します。
オーディオ品質 現在のオーディオ品質記述子の名前を返します。 アプリケーションが定義された品質に対応しない特定の値にパラメーターを設定している場合、これは "不明" を返す可能性があります。
著作権 著作権メタイベントからMIDIファイルの著作権表示を取得します。
file 複合デバイスで使用されるファイルの名前を取得します。 デバイスがファイルなしで開き、 load コマンドが使用されていない場合は、null 文字列が返されます。
情報 ID クエリ対象のプレーヤーに現在読み込まれているオーディオ CD の一意識別子を生成します。
info upc オーディオ CD でエンコードされたユニバーサル製品コード (UPC) を生成します。 UPC は数字の文字列です。 一部のCDでは使用できない場合があります。
input 現在の入力デバイスの説明を取得します。 入力デバイスが設定されていない場合は、"none" を返します。
name シーケンス/トラック名メタ イベントからシーケンス名を取得します。
output 現在の出力デバイスの説明を取得します。 出力デバイスが設定されていない場合は、"none" を返します。
product デバイスの説明を取得します。 多くの場合、この情報には製品名とモデルが含まれます。 文字列の長さは 31 文字以下です。
still algorithm 現在の静止画像圧縮アルゴリズムの名前を返します。
引き続き品質 現在の静止画像品質記述子の名前を返します。 アプリケーションが定義された品質に対応しない特定の値にパラメーターを設定している場合、これは "不明" を返す可能性があります。
usage ワークスペース内のビジュアルまたはオーディオ データの所有者によって課される可能性がある使用制限を説明する文字列を返します。
version デバイス ドライバーとハードウェアのリリース レベルを返します。
ビデオ アルゴリズム 現在のビデオ圧縮アルゴリズムの名前を返します。
ビデオ品質 現在のビデオ品質記述子の名前を返します。 アプリケーションが定義された品質に対応しない特定の値にパラメーターを設定している場合、これは "不明" を返す可能性があります。
ウィンドウ テキスト デバイスで使用されるウィンドウのキャプションを取得します。

lpszFlags

"wait"、"notify"、またはその両方を指定できます。 デジタル ビデオおよび VCR デバイスの場合は、"test" も指定できます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

次のコマンドは、"mysound" デバイスに関連付けられているハードウェアの説明を取得します。

info mysound product

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

こちらもご覧ください

MCI

MCI コマンド文字列

ロード