pause コマンド

pause コマンドは、再生または記録を一時停止します。 ほとんどのドライバーは現在の位置を保持し、最終的にはこの位置で再生または記録を再開します。 CD オーディオ、デジタル ビデオ、MIDI シーケンサー、VCR、videodisc、波形オーディオ デバイスは、このコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、lpszCommand パラメーターを次のように設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("pause %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszFlags

"wait"、"notify"、またはその両方を指定できます。 デジタル ビデオおよび VCR デバイスの場合は、"test" も指定できます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

注釈

MCICDA、MCISEQ、および MCIPIONR ドライバーでは、pause コマンドは 停止 コマンドと同じように動作します。

次のコマンドは、"mysound" デバイスを一時停止します。

pause mysound

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

こちらもご覧ください

MCI

MCI コマンド文字列

stop