quality コマンド

品質コマンドは、オーディオ、ビデオ、または静止画像データ圧縮のカスタム品質レベルを定義します。 デジタル ビデオ デバイスはこのコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、lpszCommand パラメーターを次のように設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("quality %s %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszQuality, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszQuality

次のフラグの 1 つ以上。 (3 つのフラグ "audio"、"still"、"video" のいずれかが存在する必要があります)。

意味
アルゴリズム アルゴリズム 品質レベルを指定した アルゴリズムに関連付けます。 この アルゴリズム は、デバイスでサポートされ、使用される "audio"、"still"、または "video" フラグと互換性がある必要があります。 省略すると、現在のアルゴリズムが使用されます。
オーディオ このコマンドは、 名前で識別される "オーディオ" 品質レベルを指定します。
ダイアログ (dialog) デバイスにダイアログ ボックスを表示することを要求します。 このダイアログ ボックスには、特定の品質レベルを記述する構造を作成するためにデバイスによって内部的に使用されるアルゴリズム固有のフィールドがあります。
ハンドル ハンドル 特定の品質レベルを記述するアルゴリズム固有のデータを含む構造体への ハンドル を指定します。 このハンドルによって参照されるデータの構造は、デバイス固有です。
still name コマンドで、名前で識別される "still" 品質レベルを指定します。
ビデオ コマンドで 、名前で識別される "ビデオ" 品質レベルを指定します。

lpszFlags

"wait"、"notify"、"test"、またはこれらの組み合わせを指定できます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

解説

このコマンドは、品質レベルの文字列名を定義します。この名前は、 setvideo "quality"、setvideo "still quality"、または setaudio "quality" コマンドで使用して、現在のビデオ、引き続き、またはオーディオ圧縮品質レベルとして確立できます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

こちらもご覧ください

MCI

MCI コマンド文字列

setaudio

setvideo