setaudio コマンド

setaudio コマンドは、オーディオの再生とキャプチャに関連付けられている値を設定します。 デジタル ビデオおよび VCR デバイスは、このコマンドを認識します。

このコマンドを送信するには、lpszCommand パラメーターを次のように設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("setaudio %s %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszAudio, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszAudio

オーディオの再生とキャプチャにフラグを設定します。 次の表に 、setaudio コマンドを認識するデバイスの種類と、各種類で使用されるフラグを示します。

意味 意味
digitalvideo algorithm algorithmalignment to integerbass to factorbitspersample to bit_count bytespersec to integerclocktime input left off on left on output over durationqualitydescriptorrecord off record off record on right on right volume to factorsamplespersec to integersource to sourcenamestream to numbertreble to factorvolume to factorvolume to factor
ビデオデッキ をオフにして、レコードトラックオフtrack_numberオフに番号レコードを入力します。 レコードトラックのレコードtrack_numberに番号番号トラックを入力track_numberトラックtrack_numberをオフにする

次の表に、 lpszAudio パラメーターで指定できるフラグとその意味を示します。

意味
アルゴリズム アルゴリズム 後続の 予約 コマンドまたは レコード コマンドで使用する特定のオーディオ圧縮アルゴリズムを選択します。 サポートされるアルゴリズムはデバイス固有です。 MCI では、 アルゴリズムの値 "g711"、"g721"、"g722"、"g728"、"pcm"、"cdxa"、"adpcm"、および "adpcm4e" を定義します。 デバイスが "pcm"、"cdxa"、"adpcm4e" というアルゴリズム名をサポートしている場合は、標準の定義に従います。 "cdxa" アルゴリズムは、ソニー株式会社によって定義されています。 "adpcm4e" アルゴリズムは、Intel Corporation によって定義されています。 "g711"、"g721"、"g722"、および "g728" の値は、国際電信電話相談委員会 (CCITT) によって推奨されるオーディオ アルゴリズムを表します。
指定したアルゴリズムが現在のファイル形式と競合する場合、ファイル形式はアルゴリズムの既定の形式に変更されます。
整数への配置 入力波形オーディオ データの開始を基準にデータ ブロックの配置を設定します。
ベースから 係数 オーディオの低周波数レベルを設定します。
bitspersample から bit_count 記録されるサンプルごとのビット数を設定します。 ファイルは、この形式で保存されます。 このフラグは、"pcm" アルゴリズムをサポートするデバイスにのみ適用されます。
bytespersec から integer "pcm" アルゴリズムと "adpcm" アルゴリズムで記録する 1 秒あたりの平均バイト数を設定します。 ファイルは、この形式で保存されます。
clocktime "over" フラグで指定された時間がミリ秒単位であることを示します。 今回は絶対であり、ワークスペースの再生に関する手順ではありません。
input "bass"、"treble"、または "volume" フラグを変更して、入力信号に影響を与え、記録される内容を変更します。 可能であれば、これは入力を監視するときの既定値です。
左から左へ 左側のチャンネルでオーディオ出力を有効または無効にします。 オーディオ プレゼンテーション ソースには、外部入力またはワークスペースを指定できます。 既定値は "left on" です。 チャネルが 1 つしかない場合、そのチャネルはオンまたはオフに設定されます。
左ボリュームから 係数 左側のオーディオ チャンネルのオーディオ ボリュームを設定します。 チャネルが 1 つしかない場合は、そのボリュームが設定されます。
番号を入力するモニター 録音ソース入力の選択を変更せずに、VCR 出力に渡されるソース入力を制御します。 には、"output" または有効な入力ソースの 1 つを指定できます。 数値を指定しない場合は、その型の最初の入力が選択されます。
off on オーディオを有効または無効にします。 オーディオ プレゼンテーション ソースには、外部入力またはワークスペースを指定できます。 このコマンドは、左右のオーディオ チャンネルに同時に影響します。 既定値は setaudio "on" です。
output "bass"、"treble"、または "volume" フラグを変更して、再生された信号のみを変更し、記録される内容を変更しないようにします。 可能であれば、これはファイルを監視するときの既定値です。
期間を超える 因子変数を使用する変更に要する時間を指定します。 期間の単位は現在の時刻形式です。 変更は、ワークスペースの再生に伴う手順で発生します。 プレイが中断されると、プレイが続行されるまで変更も中断されます。 "over" が指定されていないか、サポートされていない場合、変更はすぐに行われます。
品質 記述子 オーディオがファイルに記録されるときに実行されるオーディオ圧縮の特性を指定します。 すべてのデバイスで、"low"、"medium"、"high" の 3 つの記述子がサポートされます。 既定値はデバイス固有です。"algorithm" フラグが指定されていない場合、"quality" 調整は現在のアルゴリズムに適用されます。
quality コマンドを使用して、追加の記述子名を定義できます。
record off オーディオソースの選択をクリアして、次の 録音 コマンドでオーディオが録音されなくなります。
record on オーディオ データの記録を有効にします。 既定では、オーディオ データを記録します。
レコードトラック track_number オフ オーディオソースの選択をクリアして、次の 録音 コマンドでオーディオが録音されなくなります。 「トラック」は、独立したトラック選択を可能にします。 トラック2はHi8のPCMトラックに対応しています。 "track" が指定されていない場合は、既定値の 1 が想定されます。
トラック track_number を記録する 次の record コマンドで録音するオーディオ ソースを選択します。 「トラック」は、独立したトラック選択を可能にします。 トラック2はHi8のPCMトラックに対応しています。 "track" が指定されていない場合は、既定値の 1 が想定されます。
右オフ 適切なチャネルでオーディオ出力を有効または無効にします。 オーディオ プレゼンテーション ソースには、外部入力またはワークスペースを指定できます。 既定値は "右オン" です。 チャネルが 1 つしかない場合、このフラグは無効です。
右のボリュームを係数に設定する オーディオ ボリュームを適切なオーディオ チャネルに設定します。 チャネルが 1 つしかない場合、効果はありません。
samplespersec から integer "pcm" アルゴリズムと "adpcm" アルゴリズムを使用して記録するサンプル レートを設定します。 ファイルは、この形式で保存されます。
source から sourcename オーディオ入力デジタイザーのソースを指定します。 sourcename に定義される定数には、"left"、"right"、"average"、および "stereo" があります。 最初の 3 つは、左入力のみ、右入力のみ、および 2 つの入力の平均を使用して単音録音を指定します。
数値を入力するソース テープに記録するオーディオ ソースを選択します。 種類 は、"tuner"、"line"、"svideo"、"aux"、"generic"、または "mute" である必要があります。
数値へのストリーム ワークスペースから再生されるオーディオ ストリームを指定します。 ストリームが指定されておらず、ファイル形式で既定値が定義されていない場合、最初に物理的にインターリーブされたオーディオ ストリームが再生されます。
track_numberオフを追跡する 個々のトラックを無効にします。
track_numberを追跡する 個々のトラックを有効にします。
高音から 係数 オーディオの高周波数レベルを設定します。
係数に対するボリューム 両方のオーディオ チャンネルの平均オーディオ ボリュームを設定します。 左右のボリュームが異なる値に設定されている場合、左右のボリュームの比率はほぼ変わりません。

lpszFlags

"wait"、"notify"、"test"、またはこれらの組み合わせを指定できます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

解説

VCR デバイスの場合、個々のトラックをオフにするフラグ ("トラック track_number オフ") で setaudio を使用すると、コマンドを実行できなかったことを示すステータス メッセージがアプリケーションで受信される可能性があります。一部の VCR では、個々のトラックではなく、トラックの組み合わせのみをオフにできます。たとえば、最初のオーディオ トラックやビデオ カセットのビデオ トラックなどです。 この場合は、setaudio と setvideo を使用して、組み合わせを構成する他のトラックを引き続きオフにします。 ドライバーは、組み合わせで最後のトラックをオフにするコマンドを受信すると、トラックをオフにします。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

こちらもご覧ください

MCI

MCI コマンド文字列

record

予約

setvideo