signal コマンド

signal コマンドは、 MM_MCISIGNAL メッセージを アプリケーションに送信することによって、ワークスペース内の指定された位置を識別します。 デジタル ビデオ デバイスはこのコマンドを認識します。 MCIAVI では、一度に 1 つのアクティブ信号のみがサポートされます。

このコマンドを送信するには、次のように lpszCommand パラメーターを設定して mciSendString 関数を呼び出します。

_stprintf_s(
  lpszCommand, 
  TEXT("signal %s %s %s"), 
  lpszDeviceID, 
  lpszSignalFlags, 
  lpszFlags
); 

パラメーター

lpszDeviceID

MCI デバイスの識別子。 この識別子またはエイリアスは、デバイスを開いたときに割り当てられます。

lpszSignalFlags

次のいずれかのフラグ。

意味
位置 シグナルを呼び出すフレームを指定します。
cancel ワークスペースからシグナルを削除します。 "uservalue" フラグを使用して個々のシグナルを指定します。 "cancel" を使用して "uservalue" フラグが指定されていない場合、デバイスはすべてのシグナルを取り消します。 "cancel" フラグは、"at"、"every"、および "return position" フラグと互換性がありません。
間隔ごとに シグナルの期間を指定します。 間隔の値は、現在の時刻形式で指定されます。"at" 位置で使用すると、ワークスペース全体にシグナルが配置され、1 つのシグナル マークが位置に配置されます。
"at" フラグがないと、ワークスペース全体にシグナルが配置され、現在の位置に 1 つのシグナルが配置されます。
このフラグを省略すると、"at" フラグで示される位置のみがマークされます。
間隔の値がデバイスでサポートされている最小周波数より小さい場合、その最小値が使用されます。
戻り位置 デバイスがシグナリング メッセージの "uservalue" 識別子の代わりに位置値を送信する必要があることを示します。 "uservalue" 識別子は、シグナル マークの取り消しまたは再定義に引き続き使用できます。
uservalue id シグナリング メッセージと共に報告される識別子を指定します。 この識別子は、この信号設定を参照するために他の信号コマンドと共に使用できる識別子として機能します。 省略すると、既定値は 0 になります。

lpszFlags

"wait"、"notify"、"test"、またはこれらの組み合わせを指定できます。 これらのフラグの詳細については、「 待機、通知、およびテスト フラグ」を参照してください。

戻り値

成功した場合は 0 を返し、それ以外の場合はエラーを返します。

注釈

コマンド完了メッセージの通知に使用されるウィンドウ ハンドルは、シグナル処理にも使用されます。

要件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional [デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]

こちらもご覧ください

MCI

MCI コマンド文字列

MM_MCISIGNAL