NetFile 関数 (ネットワーク共有管理)

ネットワーク ファイル関数を使用すると、サーバー上で開いているファイル、デバイス、パイプのリソースを監視して閉じることができるようになりました。 ファイル関数を次に示します。

機能 説明
NetFileClose リソースを強制的に閉じます。
NetFileEnum サーバーで開いているファイルに関する情報を返します。
NetFileGetInfo サーバー リソースの特定のオープンに関する情報を返します。

他の 方法でファイルを閉じできない場合は、NetFileClose 関数を呼び出します。 NetFileClose では、ファイルを閉じる前にクライアント システムにキャッシュされたデータがファイルに書き込まれるため、この関数は注意して使用する必要があります。

NetFileEnum 関数は、サーバーで開いているリソースに関する情報を返します。 ファイルは、1 つ以上のアプリケーションで 1 回または複数開く場合があります。 ファイルを開くごとに一意に識別されます。 NetFileEnum 関数は、ファイルを開くごとにエントリを返します。 NetFileGetInfo 関数は、リソースの 1 つのオープンに関する情報を返します。

ファイル情報は、次のレベルで使用できます。

ファイル _ 情報 _ 2
ファイル _ 情報 _ 3

レベル 0 とレベル 1 はサポートされていません。 レベル 2 は、リソースを開いたときに割り当てられた識別番号のみを返します。 レベル 3 は、リソースを開いたユーザーの ID 番号、アクセス許可、ファイル ロック、および名前を返します。

Active Directory のプログラミングを行う場合は、特定の Active Directory サービス インターフェイス (ADSI) メソッドを呼び出して 、NetFileEnum 関数と NetFileGetInfo 関数を呼び出すことによって実現できるのと同じ機能を実現できる場合があります。 詳細については 、「IADsResource」 および 「IADsFileServiceOperations 」を参照してください