Printer 関数の強制

プリンターがスプール用に構成されている場合、 printer 関数は プリンターのスプールファイルを削除します。

構文

BOOL AbortPrinter(
  _In_ HANDLE hPrinter
);

パラメーター

Hprinter [から]

スプールファイルが削除されるプリンターを処理します。 プリンターハンドルを取得するには、 OpenPrinter または addprinter 関数を使用します。

戻り値

関数が成功した場合、戻り値は0以外の値になります。

関数が失敗した場合は、0 を返します。

解説

注意

これは、ブロックまたは同期関数であり、すぐには返されない可能性があります。 この関数の戻り速度は、ネットワークの状態、プリントサーバーの構成、およびアプリケーションの作成時に予測が困難なプリンタードライバーの実装要因によって異なります。 ユーザーインターフェイスとの対話を管理するスレッドからこの関数を呼び出すと、アプリケーションが応答していないように見える可能性があります。

プリンターがスプール用に構成されていない場合、 プリンターの強制 機能を無効にすることはできません。

印刷ジョブの順序は次のとおりです。

  1. 印刷ジョブを開始するには、 Startdocprinterを呼び出します。
  2. 各ページを開始するには、 Startpageprinterを呼び出します。
  3. ページにデータを書き込むには、 Writeprinterを呼び出します。
  4. 各ページを終了するには、 Endpageprinterを呼び出します。
  5. 必要に応じて、2、3、および4を繰り返します。
  6. 印刷ジョブを終了するには、 Enddocprinterを呼び出します。

スプールされたファイルのページが約 350 MB を超えると、印刷に失敗し、エラーメッセージが送信されません。 たとえば、大きな EMF ファイルを印刷するときに、このような状況が発生する可能性があります。 ページサイズの制限は、使用可能な仮想メモリの量、呼び出しプロセスによって割り当てられるメモリの量、およびプロセスヒープの断片化の量など、さまざまな要因によって異なります。

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
Windows 2000 Professional[ デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
Windows 2000 Server [デスクトップ アプリのみ]
ヘッダー
winspool .h (Windows を含む)
ライブラリ
Winspool .lib
[DLL]
Spoolss.dll

関連項目

印刷

印刷スプーラー API 関数

EndDocPrinter

EndPagePrinter

OpenPrinter

StartDocPrinter

StartPagePrinter

WritePrinter