PageICMRenderingIntent

このトピックは最新ではありません。 最新の情報については、「 印刷スキーマの仕様」を参照してください。

ICC v2 仕様で定義されているレンダリングの目的について説明します。 イメージまたはグラフィカル要素にレンダリングの目的を指定する埋め込みプロファイルがある場合、この値は無視する必要があります。

要素情報

名前
要素型
機能
スコーププレフィックス
ページ
メモ
なし

構造的コンテンツ

この要素の XML 構造は次のとおりです。

<psf:Feature name="psk:PageICMRenderingIntent">
  <psf:Property name="psf:SelectionType">
    <psf:Value xsi:type="xs:string">psk:PickOne</psf:Value>
  </psf:Property>
  <psf:Option name="psk:_OptionName_">
    <psf:Property name="psf:IdentityOption">
      <psf:Value xsi:type="xs:string">_IdentityOptionValue_</psf:Value>
    </psf:Property>
  </psf:Option>
</psf:Feature>

構造体の変数

次の表は、XML 構造体で定義されている変数の特性の概要を示しています。

名前 データ型 ユニット サポートされている値 まとめ
_OptionName_
string
characters
XML 内の名前空間で定義されている有効な完全修飾名。 名前空間が指定されていない場合、既定の名前空間が想定されます。
オプションの名前。
_"Identity optionvalue"_
string
該当なし
True、False。
選択した場合にこの機能を無効にするオプションを定義します。

拡張マークアップ言語 (XML) コンテンツ

パブリック印刷スキーマのキーワードは、名前空間で定義されてい https://schemas.microsoft.com/windows/2003/08/printing/printschemakeywords ます。 このキーワードのパブリック拡張マークアップ言語 (XML) コンテンツは次のように定義されています。

<psf:Feature name="psk:PageICMRenderingIntent">
  <psf:Property name="SelectionType">
    <psf:Value xsi:type="xs:string">PickOne</psf:Value>
  </psf:Property>
  <!--Absolute Colorimetric Rendering intent-->
  <psf:Option name="psk:AbsoluteColorimetric" />
  <!--Relative Colorimetric Rendering intent -->
  <psf:Option name="psk:RelativeColorimetric" />
  <!--Photographs Rendering intent -->
  <psf:Option name="psk:Photographs" />
  <!--Business Graphics Rendering intent -->
  <psf:Option name="psk:BusinessGraphics" />
</psf:Feature>

印刷スキーマの仕様