labelInfo

プロパティのラベルの表示方法を指定します。 各Propertydescription要素には、 labelinfo要素が1つだけ必要です。

複数の要素がある場合は、最後の要素が使用されます。 Labelinfo要素が指定されていない場合、プロパティのラベルは表示されません。ただし、通常、これは欠陥です。

構文

<!-- labelInfo -->
<xs:element name="labelInfo">
    <xs:complexType>
        <xs:attribute name="label" type="xs:string"/>
        <xs:attribute name="sortDescription">
            <xs:simpleType>
                <xs:restriction base="xs:string">
                    <xs:enumeration value="General"/>
                    <xs:enumeration value="AToZ"/>
                    <xs:enumeration value="LowestHighest"/>
                    <xs:enumeration value="OldestNewest"/>
                    <xs:enumeration value="SmallestLargest"/>
                </xs:restriction>
            </xs:simpleType>
        </xs:attribute>
        <xs:attribute name="invitationText" type="xs:string"/>
        <xs:attribute name="hideLabel" type="xs:boolean" default="false"/>
    </xs:complexType>
</xs:element>

要素情報

Parent 要素 子要素
propertyDescription なし

属性

属性 説明
label パブリック。 省略可能。 UI に表示されるラベル ([詳細] 列のラベルやプレビューウィンドウなど)。 この構文では、直接表示文字列または間接的な表示文字列参照を使用できます。 ローカライズできるため、間接表示文字列を使用します。 IPropertyDescription:: GetDisplayName は解決された表示名を返します。
sortDescription 省略可能。 並べ替えオプションとして提供される文字列を指定します。 IPropertyDescription:: GetSortDescription は 、この並べ替えの説明を返します。 次の値は、対応する UI 文字列を提供します。
  • [全般]: "上位に並べ替え"/"並べ替えを下に移動"
  • AToZ: 「A on top」/「Z on top」
  • LowestHighest: "最上位にある"/"最上位"
  • OldestNewest: "最も古い上にある"/"上位にある"
  • SmallestLargest: "最上位にある"/"最大上の"
invitationText 省略可能。 コントロールまたはツールヒントのユーザーへの命令として表示されるヘルプ文字列テキスト (たとえば、"著者名を入力してください")。 この構文では、直接表示文字列または間接的な表示文字列参照を使用できます。 ローカライズできるため、間接表示文字列を使用します。 IPropertyDescription:: GetEditInvitation は解決された招待テキストを返します。
hideLabel 省略可能。 既定値は "false" です。 ラベルを非表示にするかどうかを示します。