propertyDescription

1 つの一意の正規プロパティについて説明します。 システムで使用できるすべてのこのようなプロパティには、対応する propertyDescription 要素が必要 です。

Windows 7 の構文

<!-- propertyDescription for Windows 7-->
<xs:element name="propertyDescription">
    <xs:complexType>
        <xs:all>
            <xs:element ref="searchInfo"          minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="labelInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="typeInfo"            minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="aliasInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="displayInfo"         minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="relatedPropertyInfo" minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
        </xs:all>

        <xs:attribute name="formatID"  type="uuid" use="required"/>
        <xs:attribute name="propID"    type="propid" use="required"/>
        <xs:attribute name="name"      type="canonical-name"        use="required"/>
    </xs:complexType>
</xs:element>

Vista の構文

<!-- propertyDescription for Windows Vista-->
<xs:element name="propertyDescription">
    <xs:complexType>
        <xs:all>
            <xs:element ref="searchInfo"          minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="labelInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="typeInfo"            minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="aliasInfo"           minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
            <xs:element ref="displayInfo"         minOccurs="0" maxOccurs="1"/>
        </xs:all>

        <xs:attribute name="formatID"  type="uuid" use="required"/>
        <xs:attribute name="propID"    type="xs:nonNegativeInteger" use="required"/>
        <xs:attribute name="name"      type="canonical-name"        use="required"/>
    </xs:complexType>
</xs:element>

要素情報

Parent 要素 子要素
propertyDescriptionList searchInfo
labelInfo
typeInfo
aliasInfo
displayInfo
relatedPropertyInfo

属性

属性 説明
name 必須。 システムに固有の正規のプロパティ名。たとえば、 です System.Rating 。 この文字列の型は canonical 型で、64 文字に制限されています。 名前では大文字と小文字が区別され、次の構文を使用する必要Publisher。Application.PropertyName。 IPropertyDescription::GetCanonicalName は、 この値を返します。
formatID 必須。 プロパティの形式識別子 (FMTID)。 値には、囲む中かっこを含める必要があります。たとえば、 です {64440492-4C8B-11D1-8B70-080036B11A03}IPropertyDescription::GetPropertyKey は、 この値を返します。
propID 必須。 プロパティ識別子 (PID)。たとえば、 です 9IPropertyDescription::GetPropertyKey は、 この値を返します。 この値は 2 以上である必要があります。 値 0 と 1 はシステムによって予約されます。