プロパティ システム開発者ガイド

Windows Vista 以降では、ファイル、電子メール、連絡先などのアイテムを整理する方法としてメタデータが中心になりました。 項目をメタデータに基づいて検索でき、ユーザーがそのメタデータの読み取りまたは書き込みを行うことができるシステムを有効にするために、Vista Windows新しいプロパティ システムが導入されました。 このシステムのメタデータは、拡張可能な一連のプロパティで表されます。 写真、音楽、ドキュメント、メッセージ、連絡先、ファイルなどの項目の詳細を抽象化したWindows Vista のプロパティの導入により、独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) は、既存のプロパティがニーズを満たしていない場合に、独自のプロパティをプラットフォームに導入できるようになりました。

このセクションでは、Windows プロパティ システム内の次の開発シナリオについて説明します。

プロパティ システムの概要

プロパティ システムリファレンス

プロパティ システムのコード サンプル