パイプとパイプ以外のパラメーターの結合

リモートプロシージャコールでパイプの種類とその他の型を結合すると、パラメーターの方向に従ってデータが送信されます。

  • [ で ] は、パイプ以外のすべての引数のデータが最初に転送され、次にパイプデータが渡されます。
  • [ 出力 ] 方向では、サーバーは最初にパイプデータを送信します。 マネージャールーチンから制御が戻った後、サーバーはパイプ以外のデータを送信します。
  • [ Out ] パイプの引数と [ in、out ] パイプ以外の引数の組み合わせがある場合は、前に説明したように、最初に入力データが完全に転送されます。 次に、前に説明したように、出力データが送信されます。

この (MIDL 3.0) パイプの実装には、次の制限が適用されます。パイプの種類とその他の型を1つのリモートプロシージャ呼び出しで結合する場合、必要なバッファーサイズが MIDL コンパイラによって計算されるように、非パイプパラメーターには適切に定義されたサイズが必要です。 たとえば、パイプパラメーターを一意のポインターまたは適合する構造体と組み合わせることはできません [ ] 。これは、コンパイル時にそのサイズを決定できないためです。

パイプ

/Oi