主な取得関数

既定では、SSP は暗号化キーを要求するサーバー プログラムに提供します。 各 SSP は、キーを生成する独自のシステムを実装します。 SSP によって生成されるキーの形式は、SSP に固有です。

RPC には、暗号化キーを生成する既定の方法をオーバーライドする機能が用意されています。 アプリケーションで RpcServerRegisterAuthInfo 関数を呼び出し、キー取得関数へのポインターを渡すことができます。 選択した任意の方法を使用してキーを生成するように、キー取得関数を記述できます。 ただし、サーバー プログラムに渡すキーは、SSP で必要な形式と一致している必要があります。

Note

ほとんどのアプリケーションでは、キー取得関数を使用する必要はありません。また、キー取得関数が要求されるすべてのパラメーターに NULL を 指定するだけで済みます。