IByteBuffer::Stat メソッド

[Stat メソッドは、「要件」セクションで指定されているオペレーティング システムで使用できます。 Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) 以降、Windows Vista、Windows Server 2008、およびそれ以降のバージョンのオペレーティング システムでは使用できません。 IStream インターフェイスでも同様の機能が提供されます。]

Stat メソッドは、ストリーム オブジェクトから統計情報を取得します。

構文

HRESULT Stat(
  [out] LPSTATSTRUCT pstatstg,
  [in]  LONG         grfStatFlag
);

パラメーター

pstatstg [乙]

このメソッドは 、このストリーム オブジェクトに 関する情報を保存する STATSTRUCT 構造体をポイントします。 エラーが発生 した場合、 このポインターは NULL になります。

grfStatFlag [インチ]

このメソッドが STATSTRUCT 構造体のフィールドの一部を返し、メモリ割り当て操作を保存しないよう指定します。 値は STATFLAG 列挙から取得 されます

戻り値

戻り値は HRESULT です。 [OK] の _ 値は、呼び出しが成功されたことを示します。

解説

IByteBuffer::Stat メソッドは、このオープン ストリームに関する情報を含む STATSTRUCT 構造体へのポインターを取得します。

次の例は、ストリームから統計情報を取得する方法を示しています。

STATSTRUCT  statstr;
HRESULT     hr;

// Retrieve the statistical information.
hr = pIByteBuff->Stat(&statstr,
                      STATFLAG_DEFAULT);
if (FAILED(hr))
  printf("Failed IByteBuffer::Stat\n");
else
  // Use statstr as needed.

必要条件

要件
サポートされている最小のクライアント
WindowsXP [ デスクトップ アプリのみ]
サポートされている最小のサーバー
WindowsServer 2003 [ デスクトップ アプリのみ]
クライアント サポートの終了
Windows XP
サーバー サポートの終了
Windows Server 2003
ヘッダー
Scardssp.h
タイプ ライブラリ
Scardssp.tlb
[DLL]
Scardssp.dll
IID
IID _ IByteBuffer は E126F8FE-A7AF-11D0-B88A-00C04FD424B9 として定義されます