セキュリティ記述子定義言語

セキュリティ記述子定義言語 (SDDL) では、 ConvertSecurityDescriptorToStringSecurityDescriptor 関数と convertstringsecuritydescriptortosecuritydescriptor がエラー 関数がテキスト文字列として セキュリティ記述子 を表すために使用する文字列形式を定義します。 また、この言語では、セキュリティ記述子のコンポーネントの情報を記述するための文字列要素も定義されています。

注意

条件付き アクセス制御エントリ (ace) には、他の ace の種類とは異なる SDDL 形式があります。 Ace については、「 Ace 文字列」を参照してください。 条件付き Ace については、「 条件付き ace のセキュリティ記述子定義言語」を参照してください。

セキュリティ記述子文字列の形式

条件付き Ace のセキュリティ記述子定義言語

ACE 文字列

SID 文字列

[MS-DTYP ] : セキュリティ記述子記述言語