ICertificate2:: Import メソッド

[CAPICOM は32ビットのみのコンポーネントであり、Windows Server 2008、Windows Vista、Windows XP の各オペレーティングシステムで使用できます。 代わりに、 system.security.cryptography.x509certificates.x509certificate2名前空間の X509Certificate2 クラスを使用します。]

Import メソッドは、以前にエンコードされた証明書を文字列から 証明書オブジェクトにインポートします。 このメソッドを呼び出すと、このオブジェクトの 状態 がリセットされます。

構文

Certificate.Import( _
  ByVal EncodedCertificate _
)

パラメーター

エンコード証明書 [から]

インポートするエンコードされた証明書データを含む文字列。

戻り値

このメソッドは値を返しません。

要件

要件
クライアント サポートの終了
Windows Vista
サーバー サポートの終了
Windows Server 2008
再頒布可能パッケージ
Windows Server 2003 および Windows XP の CAPICOM 2.0 以降
[DLL]
Capicom.dll

関連項目

暗号化オブジェクト

証明