ExtendedKeyUsage オブジェクト

[CAPICOM は、次のオペレーティング システムで使用できる 32 ビット専用コンポーネントです:Windows Server 2008、Windows Vista、Windows XP。 代わりに 、System.Security.Cryptography.X509Certificates名前空間の X509EnhancedKeyUsageExtensionクラスを使用します。]

ExtendedKeyUsage オブジェクトは、証明書の拡張キー使用法 (EKU) プロパティへの読み取り専用アクセスを提供します。

メンバー

ExtendedKeyUsage オブジェクトには、次の種類のメンバーがあります。

プロパティ

ExtendedKeyUsage オブジェクトには、これらのプロパティがあります。

プロパティ アクセスの種類 説明
Eku
読み取り専用
証明書の EKU オブジェクトを 含む EKU コレクション。
IsCritical
読み取り専用
EKU 拡張機能 が重大 とマークされているかどうかを示すブール値を取得します。
IsPresent
読み取り専用
EKU 拡張が 存在するかどうかを示すブール値を取得します。
これは既定のプロパティです。

解説

ExtendedKeyUsage オブジェクトを作成できません。

必要条件

要件
クライアント サポートの終了
Windows Vista
サーバー サポートの終了
Windows Server 2008
再頒布可能パッケージ
WINDOWS Server 2003 および Windows XP の CAPICOM 2.0 以降
[DLL]
Capicom.dll

関連項目

暗号化オブジェクト